◆タントラ舞踊の追加講座が5月17日

詳細&お申し込みは http://www.sanrakusha.jp/s/products/detail.php?product_id=133

◆以下のブログは、Manaの師匠の言葉(教え)から抜粋しました。分かりやすい表現を使って、普遍的でありつつ最先端の内容を伝えておられます。核心を突いた重要な内容です「→」の部分はManaの補足です。

……………………………………………………………………………………………………………………………………………………….

はなF51多くの人は頭で考えてから体を動かす。スポーツをするにしても知識や情報を自分の中に溜め込んだうえで「こう来たら こう行く」というふうに動く。

瞬間的な動きにしても、それは「規定の型を反復した」ことで体に染み込ませた動きであって、「本当の瞬時の動き」ではない。(→無限DNA情報ではない)

私(師匠)はどんな状況にあっても、頭は常にまっさらな状態でいるようにしている。中庸なゼロポイントの状態)

入ってきた知識や情報はそのつど捨てているから、何かあっても瞬時に動くことができる。

職人の世界で「身に付ける」という表現があるが、全ての生き方もこの「身に付ける」感覚で生きればいいのだと思う。

頭ではなく、体で覚える。そうした人は、生き方も、動きも、実にスマートである。

社会の持つ価値観だけで生きてきた人は、そういうセンスがあまり無い。

「身に付ける」感覚は、「持っているけれど持っていない」「アルけれどナイ」くらいの塩梅(あんばい)がちょうどいい。(→中庸)

型の鎧(よろい)ではなく、シルクの衣をまとっている感覚だ。

そうなるには、頭でものごとを消化してはいけない。なにごとも体で消化していく感覚を持つことが大事だ。

「理論での理解」ばかりや、「型の反復」だけでは、結局よろいをまとうことになる。

型のよろいをまとっていては動きが鈍くなり、柔軟かつ臨機応変な対応もできなくなってしまう。(→真の能力=純粋個性が出ない

多くの人は「自分の中にためこんだものが財産である」という考え方や価値観を持つが、「身に付ける」感覚を保つには、情報・知識・固定観念・信念といったものを、いつでも捨てられる状態にしておかなければならない。→これが浄化)

何事も安定や安心を求める現代では、何をするにもマニュアルが存在し、人はそれに頼って生きようとする。自分を怠惰にするだけだが、楽だから。

自分から動こうとか、やってみようとせずに、マニュアルやハウツー本や先生といったものから答えをもらおうとしている。(→欲しがるだけ)

そんなものより、自分で動き、自分で感じた結果から導き出されたものが、自己の財産となる。

しかし私(師匠)の言いたい「身に付ける」感覚とは、さらに「もう一段階踏み込んだところ」にある。

テキストや技術本やマニュアルが「いっさい存在しない次元」(→光の次元)で問題を解いていき、そこから何かを得るようなことが「身に付ける」ということなのだ。

はなF2「身に付ける」感覚を持てば、人は確実に強くなれる。その場、その場で、必要に応じて答えがにじみ出てくる強さを持つようになる。(→真のチャネリング)

「自分だけの答え」は確実に身になるし、面白い。

学力・知識・得意な能力といったものから遠く離れたところで得た答えは、それがどんなものであれ、その人の「真の叡智」となる。

一切テキストに頼らなくなると、「情報すらナイところ」(→光の次元)から情報を解いていく楽しさに出会うことができる。(→無限DNAのダウンロード=真のチャネリング)

今の世の中、システマチックな動きばかりになっているが、システムにのったトレーニングと、日常の中で動いて流す汗は全く異質なものだ。(→まことを尽くす汗)

こういう汗をかかないと精神が汚れる。(→天の意を忘れる。気枯れ)

マニュアルどおりの動きは心身に硬さを生み、それはやがて固定観念となって体にしみつく。(→そういう固い体の「脳」では、「光の次元」からの「真の叡智」(無限DNA)を解析できない。)

 

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................