気の乱れが起こるのは、必ず内面が中庸ニュートラルでない時です。
頭にエネルギーが入り込み過ぎて、エネルギーの乱れが起きます。

つまり、頭の思考にエネルギーが吸い取られることよって、イキイキできなくなるのです。

 

くすり私には、思考・知識という薬物を飲み込み続けているように思えてなりません。

 

ぎっしりとつめ込まれた思考によって、余裕スペースが完全に無くなっているかのようです。クレージーです。

 

これでは「天の意志」「光の導き」も入り込むことができず、身体感覚的に実感することができません。

 

気の乱れには大きく分けて3つあります。

 1、気滞(抑圧、滞り)

手足や頭が重い。のど・胸が詰まった感じ。悲観的。やる気なし。息がしっかり吸えない。ため息が多い。

 2、気虚(だるい、パワー不足、食欲なし)
日中でも眠気が取れない。声が小さい。目力が無い。

 3、気逆(頭がのぼせる、手足が冷たい)
イライラ。不安。あせり。

 

これらは全て、全身が中庸ニュートラルな振動数ではない時の様子です。思考中心をやめて、身体全てのニュートラル感覚を最優先して下さい。
視力もよくなっていきますよ。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................