ゼロ・無とは、無限のことでしたね。
ゼロは何も無いのではなく、あらゆるものである「状態」のことです。

 

物質とは、群れをなした原子のことで、物質の「3D奥行き」の中に深く入っていくと、物質は消える。

げんし0

思考とは、群れをなした原子です。
そして自我(自分)とは、その思考です。

 

ある思考と別の思考、そのまた次の思考との間には、いっさい何のつながりもない。

 

思考と思考の間は、原子と原子の間ということだから、そのスキマには巨大な3Dスペースがあるし、とても遠い距離があるから、つながっているものなど無いのです。

 

ところが思考のスピードはとても速く、(感情よりも速く動くから、)まるで一連の思考がつながっているかのように錯覚する。

 

不安な思考を超えるには、ふたつの方法しかない。

1、思考をスローダウンさせること。スローモーションのセリフのように言うこと。
2、思考という自己催眠に入らないこと。(もっと繊細に気付いていること。)

 

げんし思考の中に深く入っていくと、思考(=自我)が消える。
だとしたら、誰が生きているのか?誰が動いているのか?

 

誰もいない・・・

 

思考のあつまりが消え、あなたの中が完全に空っぽ(ゼロ)になると、「あらゆるものである状態」が満ち満ちてくる。満タンが起こってくる。不足感や不安はみじんもない。

すべてが統合され、融合し、一本化し、全体的で総合的な存在となる。これが神の状態です。

 

その状態で居続けるだけのことです。
あとは、必要なモノゴトが自動的に感覚的に分かってくる。虫の知らせのような、とても繊細な感覚として直感的に分かってくる。

 

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................