何者としてでもなく、生きる」、これぞ自由の極みですし、宇宙が私たちに寄せる大いなる愛といえます。

人は誰でも、何千何万もの感覚や感情を持っています。

 

そして、「こういう自分でありたい」とか、「私って、こういう人なの」とか、「自分は、こういう人であるほうが良い」とか、様々な理由(プログラム)や価値観によって、無意識に自分を操作しているのです。

 

でも、内面の奥深くには、あらゆる自分、あらゆる気持ちが隠れていて、まだ経験したことのない自分のほうが圧倒的に多いわけです。

ですから、「私はこうしよう!」とか、先に頭で決めつけないほうが無難です。

 

もしかしたら、それは新しい思い(新しい自分)ではなく、過去や過去世の郷愁から湧く習慣的な懐かしさだけかもしれません。

 

新しい思いなのか、古い自分から来る思いなのか、一見、その区別はしにくいものですが、シンプルな見分け方があります。
「どれでもOK」「何でもOK」とは思えず、「これしか、ダメ」「できれば、こっちがいいなあ」と思うなら、あなたにとっては新しい思いではないでしょう。

 

あなたが「どっちへころんでも、どんな自分でも、何でも面白い!」というスケールの大きいスタンスになって、次々と新たな瞬間を受け容れていく姿勢になるなら、これが宇宙の新しい光の波に乗っていくことになり、肉体と共に順風満帆で永遠に生きることになるのです。

 

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................