「お金がないと困ることになる!」「○○が無ければ、生きていけない」「災難や困難がやってくる」
そのように信じているから、自分が困るような経験をするのです。

 

実際は、お金とか○○は条件に過ぎません。「困ることになる!」という信念のためのアクセサリーでしかないのです。

 

「困る自分」という状況を自ら想定して、そういう自分を体験するのだと強く信じているから、アクセサリーが何であれ、結局は困る自分」というものを創って経験するだけです。

 

外側の人やモノや事柄は、全部ニュートラルですが、自分を困らせるイヤなものとして、個人的に感じるだけです。

 

例えば、「1万円しかない!」と思う時、内面では「1万円では不足だ。これじゃあ困る」という価値観がありますよね。
ですから、1万円には罪がないのに、あなたの信念によって、困る自分(喜ばしくない自分)が起こってくるだけです。つまり、お金にはいっさい関係がないのです。

 

逆に、「1万円も残っている!」と思う時、「(得をした。)無駄に多い。」という価値観があります。
そうすると、1万円をただ無駄に使う自分が起こってきます。本当に、しょうもないコトで出ていってしまうことになるのですよ。これも、別の意味で、喜ばしくない自分(困る自分)です。

 

この両方とも、ニュートラルではないのです。
過不足という二極思考を調和させ、「いつも、ちょうどいい」という真実に立ち返って、困らない自分であって下さい。

 

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................