私たちの体は、光が動いて、入れ替わってくれることで存在できている。
この光(素粒子)は、実に色々な言い方があります。

 

量子、気、プラーナ、マナ、オルゴン、命、天の使い、神、などなど。

 

それらは生きているし、常に活動している。イキイキしている。それを喜びと言う。

 

オルガスムス(オーガズム)という言い方は、光のイキイキとした様子、つまり光の喜びが語源になっています。
もともと喜びだから、他の刺激が必要ありません。

 

何らかの刺激や条件がなければ得られない喜びなら、それは喜びとは言えない。ただの快楽、娯楽に過ぎない。

 

昔のローマ帝国では、この娯楽を使って民衆をコントロールしました。
パンとサーカス(娯楽)させ与えておけば、人はほぼコントロールできる」と考えたのです。

 

食べていける保証(例えば労働)と、娯楽・快楽さえあれば、人は本質としての生きている喜びを忘れてしまう。
そして、娯楽への依存体質になっていき、自らのオリジナリティや創造性を失くしていく。


 

自立し、自律し、ただ喜びから生きるようにして下さい。生命力が湧き上がっていれば、もうそれだけで喜びなのだから、そのためにも、いっさい何も否定しないことが基本です。
否定は、死のエネルギーですからネ。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................