肉眼で見えない、そのことを「何も無いのだ!!」という視点で見てしまうと、本当に光の情報が抑圧されて消えてしまいます。

 

光がミクロの段階、「き」の世界の段階で、現実化のための光の動きを抑圧してしまうのです。つまり、光のマクロ化(現実化)を止めてしまうわけです。

 

ですから、自我が思ったとおり、何も現実に起こらなくなるのです。

 

光の源泉であるゼロポイントは、常に何かを起こそうと思っていますし、別の状況やモノを現実化しようと意気込んでいるのに、あなたがそれを止めてしまうのです。
肉眼で見えないことは、実際に何も無いこととは違うのです

 

光は見えなくてもちゃんと存在し、超高速で動いています。現実を構築する情報として、確実に存在します。現実化のための3Dデザインとして高次の波動で存在します。

 

目の情報にだまされないこと。肉眼で見えないところほど、光の情報がびっしりあるのですから・・・。

 

肉眼で見えない光が、ミクロの状態からマクロ化(現実化)するわけです。それは、自我を超えた宇宙の意志による現実創造システムです。

 

私たちは宇宙が行なう繁栄創造のジャマをしないことです。もちろん、ジャマしてもいいですが、現実化しないことに文句を言わないでね。

 

見えないモノ、まるで無いように思えるモノ、それが見えるモノになるのですから、具体化するのですから、見えないモノにこそ、敬意をはらって下さい。


 

有るもの、見えるものばかり崇拝したって、その形態は一時期だけのこと。有限の幻でしかない。
うちでのこづちゼロ、無、それこそが無限の宝庫です。無限の供給源です。

 

目に見える有限のお金をもらうより、どれだけでもお金や現実を生む「打ち出の小槌」をもらうほうが嬉しくないです?
そして、「打ち出の小づち」とは、私たちの中にある「ゼロポイント」のことだってご存知でしたか?

 

昨日、TSUTAYAで、「パワースポット」という本を持っている女性を見かけ、思わず笑いがこみあげました。
だって、私たちの細胞の中心(ゼロポイント)が最強のパワースポットですし、常若の泉ですし、豊穣の源泉なのですから。

 

自分の内なるゼロポイントと、そこから起こる光の循環という最強の宝を忘れないで下さい。

 

これに敬意をはらうことなくして、パワーグッズやパワースポットばかりを探して崇拝していくと、ますます光の循環(いのちの循環)が衰えていきます。ですから、他を頼り、外の何かに依存するのは、あくまでも一時期の補助であって下さい。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................