多くの人が、肉体的に生まれる前に描いた計画や、

ライフワーク(一生をかける仕事)を全く思い出せないのは、

輪廻」ばかりを延々と繰り返してきたからです。

その間、私たちは幾度となく肉体死をしていますが、

中立に人生の「振り返り」ができるような「気の世界」にまで

意識がたどり着くことができず、

「半物質の世界」の中有(幽界)から再びUターンして、

実の世界」の肉体に戻ってしまうのです。

 

 

ライフワークやスピリチュアルな計画などは、

はるか遠い昔のことになり、

世間的な幸せの価値観というプログラムに

支配されて生きるだけになりました。

霊的本質にとっては、

こんなの全くワクワクしない人生ですから、

色々な刺激や快楽に走るのも仕方がなかったかもしれません。

 

 

ブッダが話した言葉も、

宗教界でさえ誤解されて伝わっているようです。

彼は

一刻も早く【輪廻】のサイクルから抜けなさい。

二度と【この世界】に生まれてきてはならない。

と言いましたが、同じ世界での同じ自分を繰り返してしまう輪廻こそ、

無限地獄のようなものだと言ったのです。

未知なる自分の出番はどこにもないのですから、

ワクワクできるはずがない。

 

 

そして、二度と【この世界】に生まれてきてはならないと言ったのは、

「低次の意識」の物理世界という意味であって、

物理世界そのものを否定したわけでもないし、

物理次元で受肉するなと言ったわけでもありません。

むしろ、この素晴らしい能力と感性を兼ね備えた肉体を、

私たちの霊的本質(スピリット)は

どんなに体験したかったことか!

 

 

輪廻というシステムは、

同じデータ(同じ魂)ばかりを使いまわすリサイクル・システムです。

輪廻システムは、人為的な操作であり、

霊的な侵略行為でしかないのですが、

かつて私たちのDNAに強く組み込まれたプログラムです。

この霊的な侵略行為に対して、

私たちの高次の存在(スピリット)たちの間では、

輪廻システムを終わりにするために、

積極的に活動開始することが合意されました。

 

 

私の目を覚ますべく関わって下さった先生の中に、

ダライ・ラマとの交流があった方がいますが、

2014年9月、ダライ・ラマによって

「輪廻制度」を廃止する意向が発表されたというニュースがあったそうです。

古い習慣を終わりにしなければ、地球の未来はないと

ハッキリ言っておられたそうです。

ちょうど私にも「肉体は必ずしも死なせる必要はない」と

上からメッセージが来ていた頃で、

意識がシンクロしていたのだと思います。

 

 

ここで、輪廻転生の違いも知っておいて下さい。

輪廻は、直線時間に沿って、終わりなき繰り返しをすることで、

何も変化せず、何も進化しません。

ウンザリするほど同じサイクルを繰り返していくうちに、

虚空の意識は観察することに飽きてきて、

ますます感性が鈍くなり、眠っていくわけです。

 

 

逆に「転生」とは、全く新たな大いなる意識のもとに、

自立した自発的な意志で、生まれ変わる(変容する)ことを言います。

しかも、肉体を死なせて取り替える必要もありません。

意識を新たに転じて生きるから「転生」なのです。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................