虚空がそうであるように、

私たちの脳も「変化」に興味が向く。

いつもと違うことにいち早く気づくようにできている。

マンネリ化して「またか」と感じると、気付きがなくなる。

脳は使わないと、それに応じた性能になる。

たとえ、表面や表層は同じであるかのように見えても、

モノゴトの「変化」は必ず

内面的な「奥行き」において繊細に起こっている。

 

 

それを分かっていないから、

表面だけを見て「またか」と思ってしまう。

モノゴトの奥行きは、

自分自身の静かな内面で感じ取るしかない。

それが新たな気付きとなっていく。

せっかく、私たち全員には

最高レベルの感性が備えられているのだから、

使わないともったいない。

 

 

新しい経験をする人、よく学ぼうとする人、

感性をさらに繊細にして(ナノ化して)気付こうとする人ほど、

脳が活発になり、身体も活発になる。

年をとったからこそ、そうなっていかなくてはならないし、

未知への好奇心を減らさないこと、

新しいものを吸収し、学ぶことを楽しむと、

アルツハイマーにもならない。

 

 

そして何より、感情的になると(中心の観察意識を忘れると)、

脳の動きは止まるのです。

そして、感性が鈍化していき、

至福も感じなくなり、色々な気付きがなくなり、

好奇心や興味がなくなって、ゾンビ化していく。

 

 

昨日(10月8日)、「実地体感ワーク」を京都でさせて頂いたのですが、

何の予期も予想もせずに無心に山を登ろうとした時、

何かがふわ~っと私の目前に出現しました。

一瞬、うっすらとカタチを見せてくれましたが、

白っぽい二体の狐でした。

動物的な感じはせず、まさに精霊でした。

私たちの登山の「露払い」の役目をしてくれるそうで、

ある場所まで来たら、「では、ここで」とお別れになりました。

 

 

実は、その2日前(10月6日)に、

たった一人で下見に出かけようとした時も、

名古屋でかなり感情的になるような出来事が起こりました。

でもすぐに、中立かつ静かな中心を取り戻すことができて、

そのニュートラルな感覚に戻った瞬間、

目前に真っ白な弁財天が出現したのです。

 

 

そして、私が感情的になった出来事に関する、

意味と意義の説明を頂いたのです。

とても「深い気付き」が起こりました。

弁財天は、「今日の下見の露払いをします」とのことで、

その後の行程では姿こそ見えなくなりましたが、常に導いてくれる感覚がありました。

 

 

いっさい期待せず、予期も予想もせず、

真摯に自立して行動している時にこそ、

常に「導き」とシンクロできることを、ますます実感致しました。

 

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................