沢山の講演を聞き、沢山の知識を集めまくり、

沢山の本を読みあさったけれど、

自分が本物(本質)を何ひとつ得ていないと分かった時、

そこからが真の学びの始まりです。

個人的な救済を望むのではなく、

心底から全身全霊で「宇宙の創造の真実」を知ろうとして下さい。

それはあなたの仕組み」でもあるからです。

 

 

多くを知ったにもかかわらず、それらの多くが

意識の向上には不必要な知識や、

中心なしの枝葉の話、

非本質的な知識だったことに気づけばいい。

世間で得た安くて手軽な「お値打ち情報」など、

何の役にも立たなかったことが分かればいい。

 

 

もう小手先の取り組みではダメなのだ。

スピリチュアルは「おけいこ事」ではない。

部活でも、趣味サークルでもない。

全身全霊、文字通り、いのちをかけた真摯な取り組みなのだ。

お花畑スピリチュアルでは何ともならない。

 

 

かつて、私は天に向かって

真実を知るためなら、なんだってする」と懇願したことがある。

自我の最大の明け渡しを決めた瞬間だった。

頭はいつだって不信のかたまりだし、思考は常に涌く。

でも、見えない何かが私を運ぶ。

 

 

それは私が本気で決めたからだし、

決めたからこそ、アキラメは起きなかった。

だから、宇宙の霊的本質の流れに

何とか乗り続けることができた。

とは言うものの、

最初のうちは自我をくっつけたままですから、

口を開けば不満と恨みしか出ないような出来事も多かった。

 

 

ただし、ある日のこと、

純粋な怒りから

本当に私は困っているのだ。つべこべ言わずに2万円よこせ!」と、

まさに怒髪天を衝くと言いますか、

天に向かって怒り心頭になって叫んだ時に、

スグに2万円を頂くようなことが起こりました。

 

 

このような、「純粋な怒り」から起こった欲求(=意)は、

欲に対しての罪悪感など全く無く、

貧困の被害者だという意識も全くなく、

ただただ生命存在としての「いのちの尊厳」を

完全に奪い去られていることへの怒りから来る「素直な意」だった。

自我からの怒りではなく、

霊的本質からの怒りだったのです。

 

 

素直な「いのち」の怒り、霊的本質の怒りは、

意駆り」と書きます。

純粋な本質の「」が

爆発的なビッグバンを起こし、現象化したのです。

まさに丹田全開のビッグバンだったのです。

 

 

ですから、貧困や不満を感情的に愚痴って嘆いているうちは

何も変わらない。本気で意を発しないと、何も変わらない

頭も思考もすっ飛ばして、いっさいの迷いなき「純粋な意」は

スグに現象化する。

頭を使い、思考を使うと、「純粋な意」は一本化されず、

パワーが分散して、現象化に至らなくなる。

 

 

そして、あの日の私にもたらされた2万円は、

本質の流れ」からの補助であり、

霊的な学びをやめるなかれ」という虚空の天意だったわけで、

それ以上の多額のものが与えられていたなら、

きっと傲慢になり、学びの本質からズレて怠惰になって、

「引き寄せセミナー」などに走っていたかもしれません。

 

 

学びの本流に沿っていれば、必ずサポートが来る。

これは実際の体験から分かった確信です。

でも体験する前に、先ずは皆様が、

もうイヤだ!本気で変わるぞ!本気で取り組むぞ!

という意駆りを、頭を経由することなく、

ストレートに丹田から発して頂きたいと思います。

 

 

ご自分の体験から得ていない情報、

他者や外から得た知識を、いったん丸ごと天へ返して、

素直な「学びの初心」に戻って下さい。

そして、積極的に学ぼうとして下さい。

 

 

2017年からは「宇宙の新章」が完全に始動しますので、

私もできる限りのサポートをさせて頂きます。

これは、Manaという個人がサポートするのではなく、

私を通じてやってくる「天のサポート」を

お手渡しするだけのことです。

ゆくゆくは、ご自身がダイレクトに「サポート軍団」と直結できるように、

自立して頂くつもりです。「上」もやる気まんまんです。

 

 

心底からの喜びだけで生きられることや、

純粋な喜びだけで人生が充分に公平に豊かに回っていくことを、

骨の随まで確信できるまで、学びを怠って頂きたくはありません。

全面的に、宇宙の営みを信頼し、

自我の迷いや不安を明け渡して、

本質に添う意志と、

そのための学びのチャンスを

是非ともご自分に真剣に与えるようになさって下さい。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................