すみきり新しいビールが出た。「すみきり」という名前!
なんてすがすがしい名前だろうと感じた。このような日本バレっぽくて、爽やかで、解放的で、澄みきった状態のことを「あっぱれ!」といい、古事記では【清明心】と呼んでいます。
【清明心】でもって人類全員の【進化繁栄に貢献していく】意志を【にぎみたま】といい、これが宇宙創造の意志です。
キツキツの使命感や、深刻な正義感や義務感、重くて暗い責任感は【にぎみたま】の質ではありません。
あなたはMAX【清明心】の【にぎみたま】ですか? ちゃんと「すみきり」ですか?

【にぎみたま】は、発動するぞと決めなれば輝きません。【清明心】100%である【にぎみたま】、それを発揮するぞと本気を出すとき、【いのち】という【ひ】(ひかり、素粒子)となって輝き始めるのです。これがオーラの輝きであり、各自の魅力であり、【磁力】となります。
引き寄せ力は【磁力】のことですから、お金もモノも状況も人も、全部この【磁力】しだいです!

アマテラスがなぜ岩戸にこもったのか?
いつまでたっても他の神たちが自立しないからでしたね。
各自の中に、アマテラスと同様に、【ひ】【にぎみたま】【あっぱれな清明心】を頂いているのに、それを発揮しようとしないで、アマテラスばかりを頼りにしていたからです。
アマテラスは、各自の中に絶大なる【いのち】【ひ】があることを他者に知らしめるため、自ら岩戸にこもったのです。アマテラスばかりを頼らせないためです。全員があっぱれな存在であると自覚させ、自立させるためです。【いのち】MAXの輝き、あっぱれな100%の輝き、この「すみきり」の在りようが【にぎみたま】です。

ですから、各自がそこに気付き、自らがその輝きを放って生きることでしか、自分を真に癒すことはできません。そして、自らが幸せに輝きまくることによって、そこで初めて他者にも見本として貢献でき、他者をサポートできるのです。

でなければ、それは社長でもリーダーでもないし、ヒーラーでもないし、師匠でもない。
個としての自我が相手を癒そう、救おうと思った段階で、相手の非力を決めたようなもの。相手はパワーダウンします。「相手は、自分で自分を癒せない非力な存在だ」とインプットしたことになるのです。これは【にぎみたま】ではありません。

うわべの技術・技法は大事ですが、そのような形式より、アマテラスのように【他者を神と見なす】ほうが重要です。当然、自分もちゃんと自分自身を神とみなし、その【にぎみたま】を発揮することです。
全員が同じ【いのち】の【ひ】を頂いている。そして、これを全員が【共振】させるとき、活性化した【にぎにぎしい現状】となります。
そして、自分が自立するために色々な人を見本として【頼りにする】ことは大事ですが、頼り続けるために【頼りにする】のではありません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
6月末に私の新刊がまた発売予定です。(今までよりもかなり読みやすいと思います)
雲 黒斎さんから多大なご協力をいただき、その本の巻末に私とのスペシャル対談を載せることができました。私個人では伝えきれない部分も、また別の角度からの切り込みと、違った表現でのメッセージを頂くことができ、大変感謝しております。私から皆さまに向けての熱い思いを、黒斎さんも充分にくみ取って下さって、並々ならぬご尽力を頂きました。詳細が決まりましたら、またアップさせて頂きますので、宜しくお願い致します。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................