ろくぼうせい昨晩から、沢山書かされています。
で、ちょっとしたお願いですが、「こうであらねば!」という深刻な心で読まずに、何となくの感覚でよいので、感じながら目を通していって頂ければ嬉しいです。(全身全霊と、深刻な窮屈さは違います。)
そして、そのときの頭には理解できなくても、気軽に読み流して、あとは「これ、どういうこと?」と、ご自分の内面に問いかけておいて下さい。

今年の6月末から2014年の6月くらいまで、天体の木星が蟹座に入りました。
蟹座・・・無条件の愛の象徴であり、和魂(にぎみたま)の象徴であり、内面とか、足元とか、ルーツ(根源)などの意味もあります。
【根源の無条件愛】を土台にして生き直そうというメッセージですし、しかも木星は拡大成長の象徴ですから、無条件愛がますます勢いを増すのだと感じます。それに比例して物質界も繁栄します。

さらに、7月22日~29日にかけては、星たちの一部が六芒星を形づくりますが、これは陰陽合体の象徴ですので、天(=神、空)の意向がしっかりと大地に合体したぞということです。
最近、やっと【タントラ】(陰陽合体)の本を書く気になってきたのですが、天地のエネルギーの配剤のおかげ様ですね。

宇宙には愛と喜びしかないので、もし、あなたが、過去の辛い記憶や、被害者のような気分や、変容したくない自我が手放せなくても、それは全然OK!! 本当にOK!! だから、自分を責めないことです。
【全てをゼロポイントに返却する】ということは、あくまでも自我のための表現で、神意識の側からすれば【全てを無条件の愛で受け入れて修了する】ということになります。

以下のことも他では見聞きしないメッセージだと思うので書きたいのですが、大きな受け入れ愛と安心と至福と歓喜という宇宙エネルギーの中に、ほんの少しだけ[恐怖・不安・葛藤・疑惑]などの領域が存在しているだけです。人間意識しか発動しない方々が、進んだ意識の方々から置いてきぼりになっているのではないのです。
大いに拡大進化した愛と喜びの波動の中に、わざわざ【囲い込み】をした自我の自由勝手な領域が存在するだけです。それさえも、大いなる宇宙の【ふところ】に守られて存在しています。

ですから、あなたが変容したくなくて、小さな自我の領域に永遠にとどまったところで、いっこうに安全なのです。但し、新しい体験が味わえないというだけのこと。新しい体験をしないことも「いい・悪い」という話ではないし、間違ってもいないし、本当にOKです。あなたの全てが、宇宙から何でもOKされているのです。
罪悪感も敗北感も必要ありませんし、大いに自我をENJOYして下さって大丈夫。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................