てんじょうてんが知っておいて下さい。あなたはオリジナルな存在です。他の人も同様ですが、ユニークで、特別で、スペシャルです。表面的に同じことをしていても、同じ態度に見えても、同じ表現のように見えても、唯一無二の完全にオリジナルな存在です。あなたの願望、あなたの目標、あなたの憧れ、あなたの願い、あなたの夢、あなたのファンタジーは、他の人と同じように価値があり、世界にとって重要なのです。あなたしか、それに興味を持てないのだから。

ですから、自分自身の全てに対して尊厳を持って下さい。自分を愛して敬うようにして下さい。そして同じように他者を愛して敬うようにして下さい。あなたのハート(和魂)を完全に開くために。
ただし、他者の気持ちに繊細であることと、他者の人格エゴを喜ばせることは別なのです。あなたのことを愛と敬意をもって扱うことができない人々もまだ存在しています。そのような人たちの言葉や態度に傷つくことは必要ありません。彼らは彼ら自身にさえ、愛と敬意をもって接することができていません。

そして、そういう彼らを哀れに思うことも、さげすむことも、気の毒だと思って優越感にひたることも必要ありません。それぞれに心の進化の段階があるからです。(単に時間のトリックです)
私たちの課題は、いついかなる時でも常に自己への愛と尊厳を忘れないことです。唯一無二だから。
周囲の人々があなたを愛し敬ってくれる時に、自分が心地よくなったり、自分を愛することは簡単です。幼稚園児でもできます。ある意味で困難なことかもしれませんが、他者があなたを愛と尊厳をもって接してくれない時でも、それでも自分だけは自分を敬うことなのです。

私自身、このことを先輩から教えてもらった時、他者の評価はどうでもよくなり、心身共に強くなりました。そして、顔色をうかがってビクビクしなくなりました。「病める時も、健やかなるときも、私は私を信頼し愛します!」と宣言しました。
他者の全ての言動は、他者自身の[心の進化を象徴]しているだけですから、そこに一喜一憂して[揺れる]ことをしなくていいのです。もちろん、あなた自身の全ての言動も、あなた自身の心の進化を現しています。

他者にあなた自身を認めてもらう必要性を手放して下さい。他者の認可を必要とせず、あなたのことはあなたが無条件に認めて下さい。あなたの素晴らしさやユニークさを、他者の判断にまかせないことが自分を敬うことです。自分自身を素晴らしく感じるために、他者の認可や許可を欲するなら、あなたは他者に権力を与えたことになるのです。
自分のハートの奥深くにある愛やまことを信頼して、自立していって下さい。と同時に、他者にも愛と尊厳を感じてあげて下さい。ハートを開くとはそういうことです。

そして、実はハートもマインド機能を持っています。頭の中で思考をいじくりまわすクセがある方は、その思考を頭からハートに降ろして、ハートの虚空の中で考えるようにしてみて下さい。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................