すぺっく(◆今日のブログの最後のほうに、【11月11日の神儀】に関する記事がありますので、宜しくお願い致します)
今日は少しゆるんだ観点から書かせて頂きます。
テレビなどのドラマや映画から気付きを頂いたり、結構なヒントを頂くことがありますが、ドラマの醍醐味は人間としての[感情反応]がほとんどではないでしょうか。

主人公が不愉快な気分になったときに、それぞれの人の感情表現方法が違ったり、それを何とか収めようとする努力が様々です。参考材料、見本材料として、[実験]してみると面白いかもしれません。

例えば、[独身貴族]というドラマに出てくる北川景子は、辛い気持ちになると顔の表情がついつい曇るので、それに自分で気付いた瞬間、『 笑って。笑って。笑って 』と自分に言い聞かせる。
例えば、[ダンダリン]というドラマに出てくる竹内結子は、不愉快になると『 う~~~! 』と犬のようなうめき声を出し、そのあとで我にかえって『 山のあなたの空遠く、幸い住むと人の言う 』と冷静につぶやく。
以前に見たのに題名も忘れてしまったドラマでは、主人公が悲しみに押しつぶされそうになると、『 雪。月。花 』と静かに[おまじない]の言葉を言う。

どの方法も、先ず、心を静かにするためにはいいかもしれない。ですが、非常に腹が立ったときはちょっと無理。あるいは相当な恐怖が来たときもちょっと無理。(あくまでも私の個人的な感想です)

一番、私が今ハマっているのが、映画[スペック]の戸田恵梨香の絶叫に近いセリフです(笑)。
彼女の心の深い部分では大好きな同僚の男性、でも表面上はケンカをよくする男性に向かってこう叫ぶのです。
『 うっせ~~!ハゲダコ~~!! 』
う~~ん、この愛に満ちたセリフがたまらなくイイ!
ただ、あくまでも主観ですので、良い子はマネしないで下さい(笑)

実は、今朝、あることが起こって、自分が起こした出来事とはいえ、自分に腹が立ってしかたがない瞬間がありました。で、自分の中に湧く不愉快な気分や怒りやショックに向かって、『うっせ~~!ハゲダコ~~!!』
ああスッキリ~~♪ このセリフには愛がある(と、私は感じる)。だから、自己の内側でどんなに叫んでも、自己否定にならない。
当分、いえ、今後かなりの長期間、このセリフが私の救世主になることは間違いありません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆11月11日の【神儀】につきまして
当日は、できれば正午くらいから午後一時くらいの中で、ほんの数秒でも構いませんから、常神社に意識を合わせて下さいますようお願い致します。もし、その時間に意識を向ける余裕がない方は、その日の朝のうちに『自分の意識が、ちゃんと正午くらいに神社に届く』と決めておかれるだけで構いません。

皆様の本来の存在波動、生まれながらの波動、宇宙的な高次の波動、純粋な【いのちの波動】が、【常神の常神社】に舞い降りる、あるいは湧き上がる、そういうふうに感じて下さい。しっかりと連結すると決めて下さい。深刻にではなく、喜びをもってつながって下さい。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................