おんかみじま福井県の常神半島から、先ほど名古屋に戻ってきました。神儀に関するご報告は後半に書かせて頂きますが、その前に、代価についてのメッセージがしっかりと来ましたので、それを先に書かせて頂きます。

常神から戻って、知人とは名古屋駅で解散したあと、私は今日の興奮から覚めることがないままに、[精進落とし]をしたくなって、ホテルで紅茶を飲みました。その時に降りてきた内容が[対価]についてでした。

実は、神儀に同行してくれた知人は、最初から彼女は自前で同行すると言っていましたが、昨日になって急に、『お前から3万円を彼女に支払いなさい』という言葉を受け、その言葉に違和感が無かったので、そのとおりにしたのです。

でも、ホテルでお茶を飲みながら、私は『今日の神儀には、多くのかたのまごころと、何より彼女の才能なくしては、私一人では成し得なかったことだから、代価を支払うのは当たり前に感じる。でも、今日の彼女の仕事の深みを考えると3万円って少ないかも』と疑問が湧き、『なぜ?』と問いかけました。すぐに答えが来ました。

『その瞬間の額面の数字だけにフォーカスすれば少ないと思うかもしれないが、彼女には、今はお金という【カタチ】においては3万のエネルギーでいいのだ。なぜなら彼女には今後【才能】という【カタチ】で補完されるからだ。人類は何でもかんでも[代価]をその場だけの事で考え、しかもお金というカタチだけで換算する。そのクセをやめよ!』と言われたのです。お金だけではなく、才能、人脈、モノ、色々な代価で補完されていくことに、人はあまりにも無知無明なのかもしれません。自戒すべきところですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【神儀】のご報告
奇跡といいますか、正午5分前に[常神社]に到着。鳥居をくぐって階段を登り、本殿に着くと正午ジャスト!!すご~~~い!!
ブログでお伝えしたとおりの成り行きで、人智を超えたお手配に感動しました。
でも・・・・・、本殿のさらに奥にある[本当の本殿]を見た瞬間、『かなりマズイ状態だ。ハンパなく怒っておられる!』と分かりました。

実に高貴な身分の方々が祀られているのですが、猛烈な怒り、怒り、怒りを感じます。と、同時に、ソヨソヨと吹いていた風が、急にゴォ~~~~~という[ごう音]に変わり、台風が直撃しているような暴風になっていきました。まわりの山の木立と葉っぱも荒れ狂い始め、二本足で立っているのが無理なほど強烈な嵐になりました。

とにかく【被害者】としての凄まじいまでの怒りを鎮めていただくために、私自身の波動を愛と喜びと豊かさでいっぱいにしながら、ひたすら真を尽くして、黙々と祈り続けました。時々、【上】からの応援が入り、『与えよ。与えよ。与えよ』という言葉が、怒りの本体に向かって告げられているのを聞くこともできました。二人で5~10分ほど祈っていたと思います。少しずつ風が穏やかになるのを確認し、いのりを完了しました。

知人も、『すごい怒りだね。まだ少し怒っておられる。どうする?』と言うので、『じゃ、[あそこ]とつなげようか?』と暗黙のうちに二人の意見が一致。[あそこ]とは、完全な聖域のまま保たれている島のことでした。常神半島のもっと先に浮かぶ【御神島】という無人島です。この神社は完全に怒りで封印されてしまっているし、私たち二人(&ご参加の皆様)だけでは足りない【愛と喜びの光】の分を、【御神島】の波動からサポートしてもらうことにしました。

【御神島】と【常神社】の本殿とをしっかりと【光の橋】でつなげてみたら、ようやく完全に鎮まりました。今後は、私たちの【心のありよう】で補強していくしかありません。パワースポットもお互い様なのです。私たちの思いと共振するからです。

皆様の心の応援がなかったなら、神儀も中途半端で終わったかもしれません。ご参加下さって、本当に本当にありがとうございました!怒りの頂点のまま封印されていた高貴な方々の魂も、ようやくほどけていかれることでしょう。そして、愛と喜びを放つ存在になっていかれることでしょう。
◆補足:【御神島の位置】ですが、面白い地図画像を見つけましたので、以下に掲載しました。文字が見にくいですが、一番上に位置するのが御神島です。ブログの上のほうの画像も御神島です。(向かって左の島)
かみしま

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................