きく[空](ゼロポイント)の性質は、統合され、調和され、アンバランスが全くない【一体意識】です。片寄りがない、特別がない、特定がない、極みがない、何もカタチがない、動きがない、静寂な一体意識です。その代わり、何も起こりません。何かを起こして観察する為には、アンバランスが必要だったし、片寄りが必要だったのです。

大いなる[空]の内側で、【あなた】によって[何らかの意志発動]が成されると、片寄りが起こり、至福静寂の中から[光の特定の動き]が起こります。この光の動き(いのちの動き)がやがて物質化・現象化していきます。そして、観察が可能となり、味わうことができたのです。

でも、この【あなた】なるものが重要ポイントなのですが、【一体意識】としての[空]なるあなたではなく、今までの歴史においては、[エゴ]という【分断意識】としてのあなたがおのれの意志を発動してきたことに気付いていらっしゃいますか? 【分断意識】としてのあなたが願望し、欲求してきたのです。ですから、エゴ同士が争い、競い、否定しあい、何とか各自の願望を遂げようと必死に頑張ってきたのではないでしょうか?

自分の運はいつが良いのか?方角は?引き寄せは?成功するには?幸せになるには?宝くじはいつ買えばいい?お金はどうすれば?株の銘柄は?
これらの全ての思いは、【分断意識】から考え、【分断意識】から願ってきたのではないですか?もちろん、時々は叶ったり、時々はうまくいったりするおかげで、『もっと確率を上げるにはどうすればいい?』という【分断意識】をますます強める結果になってしまった皮肉!

奉仕をしても、他者に貢献をしても、やはり【分断意識】から行なってきたのではないですか?頭では『私って、良いことをしているわ』とか『全人類のために奉仕している』といくら思ったところで、やはり【分断意識】からではなかったですか?だから、燃え尽きたり、被害者意識になったりしたのです。花びらという個々が一体となってこそ、菊の花が完成であるように、【一体意識】を個々人が自覚するのが本当なのです。

でも、大いなる[空]からすれば、はじめは【分断意識】を経験するという主旨がありました。ですから、【一体意識】を忘却したのです。原点を忘れてみました。そして、忘れた体験のあと、これを思い出すことが悟りであり、覚醒であり、アセンションです。最近の時代に起こっていることは、この事実の【思い出し】なのです。そして、【一体意識】に戻ること、[空]に戻ること、[原点回帰]することが、悟りや覚醒の最終ゴールではありません!
むしろ、[空]や【一体意識】は、さとりや覚醒のための[スタート]だということです。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................