おかね1宇宙エネルギーは、宇宙全体のフィールドに満ちあふれています。もちろん、私たちの身体フィールドにも満ち満ちて、常に新しく循環しています。
ですから、【過去の記憶】(=エゴ)から生きることをやめて下さい。過去をもとに生きることをやめて下さい。まっさらで真っ白な新しいあなたを自覚して今日を生きて下さい。

宇宙エネルギー(=いのち)は[聖なる愛と喜び]の現れそのものです。お金も同じです。『 お金はエネルギーである 』とよく言われますが、その認識だけに留まって頂きたくありません。[聖なるもの]として認識し、[霊性と直結したもの]として扱って頂きたいのです。お金に[聖なるいのち]を吹き込むのはあなたです。

多くの人が、『暮らしを立てなくてはならない』という不自然な考えを持たされて、ひたすら労働に励んでいます。でも、すでに持っているもの、つまり宇宙エネルギーとしての[いのち]という聖なる贈り物を、なぜ[得ていくために頑張る]必要があるのでしょう?

お金は[覚醒](精神のめざめ)における非常に貴重な性質と役割をもっています。エゴ中心の願望実現のための道具ではなくなります。周囲全体の利益のために、あなたはお金を使おうとするようになります。お金は[かせぐ]ものではなく、[つかまえる]ものでもなく、[得る]ものでもなく、【神意】なのです。お金は、聖なる本質(=奉仕=貢献)の現れなのです。

意外に誰も気づかれていませんが、お金の不足・欠乏と同じように、実はお金の過多・過剰も不均衡な状態なのです。食べ過ぎも飢餓と同じく不均衡であるように。欠乏や貧困と同じく、お金の過剰も、【高次の目標】に裏打ちされない限りは有害だということなのです。お金が過剰にあることによって、怠惰や、意識の眠りに陥る可能性が大だからです。こうしたことから、お金だけ過剰にあっても幸せにはならない、と言われるのです。

貧困も過剰も、どちらも不自然だということです。繁栄は人によって現れが違います。必ずしも過剰なお金によってではありません。お金については[いのち]と同じく、贈り物ですので、心配しない態度を持つことを極めて下さい。

そして、[受け取る]という行為は、やはり与えるということと同じく必要です。【丁寧に受け取る】のです。この[受け取る]姿勢は、お金やモノだけに限ってではなく、全ての領域において[受け取る]姿勢が求められます。つまり物質だけに限らず、人からの好意や、賛辞や、尊敬や、愛を受け入れる姿勢です。そして、【無条件に自分と他者の全て(エゴの全て)を、尊厳と慈しみをもって[受け入れる]】ことも、【丁寧に受け取る】ことの一貫です。

そして、あなたが与える時、それは【真空状態】(空)を作ることになり、その無なるところを埋めようとして、必ず何らかの贈り物が入ってくるのです。イヤでも!これが【神意】です。時間的な豊かさや、金銭的な富は、あなたが[心の底から]そういう【ありよう】になっていなくてはならないのです。

西洋のカバラの奥伝にも、古事記にも、このことがちゃんと書かれているのです。貨幣は和幣です。
来年4月26日の【神秘マネー】の講座にて、じっくりお伝えするつもりです。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................