かむながら真善美愛・・・これらはひとくくりで言うと、弥栄(いやさか)という表現になります。
思考、解釈、論理、感情ブロック、そういう古い固まりが全くない領域には、新しく[いのち]があふれて流れてきます。いのちは常に新鮮でイキイキしており、あなたの内面の空間が【無色透明=ゼロヘルツ=空=無】であればあるほど、いのちがスムーズに流れます。神がサクサクと流れます。現実がより美しさを増します。

【まこと・善・美・愛】とは、私たちの内面を流れる【いのち】自体が目指しているものです。いのち自体がそういう意志を持っており、自動的に表現をしたがるものなのです。
【真善美愛】は、本来、いのちにおいて【ひとつ】です。全一です。不二です。(富士)

なぜ私たちは、【真善美愛】なるものに憧れるのか?
まこと、善きこと、善きもの、美しさ、愛、それらが実は私たちを構築している【いのち】の本質だからです。内なる本質がそうだから、外にも同じ状態を恋い慕い、見ては喜ぶのです。内なる自分が外なる自分に恋をしているわけです。内と外が呼び合う、引き合うのです。

内なるいのち自体が、【真善美愛】として生きようとするのです。どうしようもなく・・・。
【空】という至福は私たちの基本です。そして、その質をますます深めていこうとするのが【いのち】という光の本質です。この肉体の中にあふれてくる【いのち】を運び、【いのち】の質をもっと深め続けて、それを知っていくために、そこに【真善美愛】という彩りを介在させていくと、現実がとても歩みやすくなります。楽しみながら生きていけます。

【いのち】に寄り添って生きるとき、その【いのち】自体に【真善美愛】という質を持たせてくれた[根源の中心]の[粋な計らい]に感動するしかありません。自然界の最大のしかけであるし、最高のギフトなのではないでしょうか?

私たちは、純粋なる【いのち】に寄り添い、そこに同調し、いのちと一体化していのちそのものとなり、【真善美愛】そのものとなり、『我【真善美愛】なり!』として生きることを自由意志で選べるのです!これが【まいのぼり】です。参上です。【お参り】のことです。
素晴らしい【いのち】の躍進(弥進=安)を、この個人的な肉体を通じて表現できるのです! そのための肉体です!
天の安の河は、いのちの河のことですが、この安らけく流れる河とは、弥進らけく流れることを言います。いのちが躍進することです。最も躍進できるのは、あなた(=エゴ)がジャマをしない時です。

思考・論理・解釈・反応・理由などのエゴがナイ領域にだけ【純粋ないのち】が躍進して流れますが、その純粋な【いのち】に同調して生きながら、他の人やモノの中にも流れている【いのち】とも、【真善美愛】の交歓や分かち合いをしようとするのがいのちの本質です。

余談ですが、「おとなしやか」という言葉があります。おとなしい、おしとやか、その語源ではないかと感じます。音無し輩(おとなしやから)、「無音」の輩、結局は、うるさいエゴが無い人、空である人という意味だと思います。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................