からっぽエゴは洗脳されているから、真実というものが、自分が思い込んできたものと真逆であることを知らない。エゴが一番バカにしてきたものこそ、実は最も価値ある宝だということを知らない。エゴが最も執着してきた「特別な何か」こそが、一番どうでもいいものであることを知らない・・・。

今日のメッセージは、空アドバンス(東京)の終了後に、ホテルで受け取ったホヤホヤのものです。重複する部分もありますが、非常に重要です。深く感じ取って下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ゼロポイント(ゼロ点)とか、「空」とか呼ばれているが、【虚】の点とも言います。
あらゆる全ての【実】(現象化)は、その【虚点】から生まれ、またそこに飲み込まれて消える。より拡大繁栄した「次なる【実】」のために消えていく。生まれたものが【虚点】に消えてくれないと、さらなる【実】が生まれない。

あなたの肉体も、あなたの【中心点】である【虚点】から生まれ、次々と全身がリニューアルされている。あらゆる【実】が【虚点】からリニューアルされ続ける。万物創造の【中心点】である【虚の点】こそ最高!【虚の点】こそ最大!【虚の点】こそ永遠無限!

ところが、私たちは【実】なるものに重要性を置き、【実】という物理的な【最終結果】(カタチや数や分量)に強く固執する。もう壊れゆくものに固執してしまう。気にしてしまう。
【実】は、具体化した時点で、次なる【実】へとバトンタッチする運命にあるのだから、いつまでも気にしていると、もっと拡大した至福の【実】が展開できない。本当に味わったなら満足できるはずで、味わっていないから(観じて察していないから)執着するのです。

【虚点】はすぐに新たな【実】を生む。至福な【実】を必ず新生する。【虚点】が【実】を生み出すとき、【虚】の状態と【実】のあいだに時差はゼロです。瞬時に同時に起こる。【虚】という完全無の瞬間はアッという間に【実】となるということです。【虚】になった瞬間、即時に【実】が新生する。

ということは、私たちがすべきことがあるとしたら、【虚】であり続けることを意識することしかない。私たちの全身が【虚】であるように努めるほうが、宇宙の繁栄拡大システムを、この肉体全身を通じて最大限に発揮させてあげられるのです。

肉体のすべて、全身全霊を中立な【空虚】状態にせよ!カタチのない心になり、肉体の内とか外とかの区切りも【虚】にして(無にして)、あなたの外側にしか見ていなかった【空間】の中に完全に溶け込み、【空間】と一体化し、【空間】そのものになって、あなたの存在すべてが完全に【からっぽ空間】となれ!そのとき、【虚】の意志がもっとも発動しやすくなる。からっぽのまま、【虚】の意志を発動し、そのように生きてみよ。

頭の中にも、いっさい文字(思考ことば)を置かず、【空間】だけを残せ!
【空間】とは、空の点、つまり【虚点】が無数に広がっていることを言う。何もない空っぽの【虚点】の広がりが【空間】であり、万物の誕生の「拠点」であるのです。
エゴは全く分かっていない。【空間】、無、虚、空、それが【打ち出の小槌】という宝であることを!

「【虚点】の集まりである【空間】は、完全なる愛と至福で満ちているのだ。そこを味わうのだ!ゆたかな【空間】に酔いしれよ!【空間】自体が創造主であり叡智だ!その事実に驚愕せよ!」

【虚点】という中心から生まれた【実】は、【虚】の周辺に存在させられます。物質も【実】、現実出来事も【実】、信念や思考や想念や感情も【実】、つまりエゴは【実】であるから、あなたがそれら【周辺部】のものに執着するかぎり、あなたの全身は重くなる。軽いイキイキした感覚ではなくなる。

【実】への執着は、【虚点】が行なう「弥栄リニューアル」のシステム続行をジャマすることになるだけです。どのみち何かに執着したいのであれば、【虚】に執着するほうが楽であり、間違いなく宇宙の繁栄に同調できていきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【虚】の意、つまり「空」の意志は全体繁栄です。この【虚意】がにごって【御意】(ぎょい)になったのです。(映画やアニメの「黒執事」の有名なセリフですね。)


...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................