まりあ虚空は、【万物の母】です。
虚空は、愛を生み出す母です。いのちを生み出す母です。
虚空という母は、愛の宝庫、愛の供給源、ゼロ素粒子の発信源です。
あなたの全身全霊も、この虚空という母から生み出され続けているのです。虚空という母からは、常に新たな愛(新たないのち)が生み出されて、あなたの存在を支えています。

虚空とは、現実全ての母なのです。
つまり、生命体すべての母であり、モノの母であり、コトの母であり、お金の母であり、人型生命体の母なのです。
聖母(聖なる女性性)という概念は、まさに虚空のことを表しています。聖母(聖なる女性性)をインナーマザーとも呼びます。

あなたの身体の外に見えている肉親としての母親は、あなたの本当の母親ではなく、この内なる虚空こそがあなたの全存在を生み出し続けている本当の母なのです。(1冊めの「空」の本に書きましたよ!)
ということは、あなたの今世の肉親である母親にとっても、彼女の本当の母は肉親の祖母ではなく、この内なる虚空なのです。

新たな愛、新たないのち、新たな光、新たなゼロ素粒子、新たな叡智、新たな豊かさ、新たな進化繁栄、新しいものすべての母、それが虚空です。新しいものばかり・・・ですよ!!
虚空という万物の母は、新しきもの全ての母であり、古いものが全てゼロになっているという意味です。虚空とは、古いものが何も無く、新規の愛(新規のいのち)だけが満ち満ちているという意味です。
ですから、あなたの全身全霊からも古いもの全てが去って、完全に空っぽのゼロになって、まっさらになっていなければ、インナーマザーからの【新規の愛】が100%受け取れません。

あなたが、完全に古きモノやコトを捨てて空っぽになって、内なる中心をはっきりと意識するなら、虚空という母とつながることができ、母からの愛が100%受け取れていきます。そして、あなたの全身に愛が満ち満ちて、豊かな波動を放ち、お金も、モノも、人も、全ての豊かさがスムーズに循環するのです。(但し、豊かさを独占所有する思いがあれば台無しになりますが・・・)
内なる中心を意識し、その母からの愛を充分に受け取っていないために、枯渇感が湧き、不安感が湧き、不足感が湧き、自信の無さが湧くのです。

インナーマザーである虚空からの愛をちゃんと受け取って下さい。そのためにも、内なる中心を常に意識することが必要です。
枯渇感が消え、自信の無さが消え、不安が消えるだけでなく、イキイキと充実し、生きることや活動への意欲がおのずと湧きます。何かをせずにはいられないほどの、ジンジンとした喜びにあふれます。

新たな愛を100%受け取るために、古き思考の全てを捨てて下さい。古きあなたを捨てて下さい。(否定からではなく、感謝して捨ててください)
過去の全てに固執せず、あらゆるものにとらわれず、一切のものに片寄らず、空っぽのままで開いていて下さい。オンリーワンのあなたになるために!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【神秘マネーへご参加の方々へ】
枯渇感、不安感、思考が止まないのも、インナーマザーの愛100%を受け取っていなかったからです。
時代は急激に変化しています。新たなものがインナーマザーからドンドン湧いてきています。昨日まで通用した常識が、もう通用しません。今までの思考は窮屈なだけで、あなたの拡大成長にとっては、もう意味がありません。
たった今、たった今、愛という名の「新たな情報」や欲が、皆様にも次々とやってきているはずなのです。思考のように暴力的にではなく、ソフトにやってきているはずです。ですから、愛とつながって、情報を受け取って下さい。

昨日の皆様のおかげで、インナーマザーという表現を再度お伝えする必要があるのだと、今朝も強くメッセージされました。感謝です!
皆様がインナーマザーと確実につながれば、同時にインナーファーザー(聖なる実行力、実践力)が健全に発生します。

【メタモルフォシス修了の方々へ】
もうお忘れかもしれませんが、個別でさせて頂いた「うぶすなワーク」は、まさにインナーマザーとの連結を確立するワークだったのです。(古事記でいうところの受け火です)
うぶすなワークは、講座のおまけだったのですが、本当に重要なワークでした。
「内なる中心」の虚空とつながる、それは同時に、「外なる中心」である大地(うぶすな)との連結をも意味します。内か外か、どちらか片方だけでも確実に連結できれば、両方ともうまくいくのです。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................