はす8◆お知らせ◆

今週末から、新たな【空・アドバンス】が大阪にて開講となります。
当日、直接のご来場でも、受講の受け付けが可能ですので、お気軽に三楽舎さんまでお問い合わせ下さい。03-5957-7783 :八巻(やまき)さんまで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
精神世界では、「今までは男性性の時代だった。これからは女性性の時代だ」とよく言われます。
実は、この両方はふたつに分かれているわけではなく、常に融合して働くものなので、今後は女性性の時代だと言ったところで、そこだけの片寄りになってしまうなら、男性性重視の過去と何も変わらないわけです。

私たちには、女性性と男性性の両方があることを忘れてはなりません。
過去においては、女性性に裏打ちされない男性性だったことが不自然な片寄りだっただけですので、今後は女性性を意識していくことで自然なバランスをもたらし、全体的な動きが完成されていきます。

以前に無選択こそが自由だと書かせて頂きましたが、選択するということ自体が男性性の働きです。無選択、つまり何でもOKという受容が女性性の働きです。先に無選択があるからこそ、その都度において「まことの選択」が可能となります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下はTAOより抜粋)
選択するということは必ず男性的なものだ。
選ぶということこそ、男性的であることなのだ。
選ばないということ、何が起ころうと それを受け容れるということは女性的であることなのだ。

自分の言い分や願望、それを持つということは男性的であることだ。いつであれ、あなたが何かを自分の思い通りにしたがる時、あなたは男なのだ。自我(エゴ)が入りこんでいる。自我(エゴ)というのは男性的なものだ。
選択とは、同時に拒絶を意味する。
何かを選ぶことによって、あなたは何かを拒絶する。まさにその選択そのものの中に拒絶がある。

もし、全体でいたかったなら、どうして選ぶことなどできよう?
あなたは無選択でいなければならない。
あなたが選べば選ぶほど、より多くの男性的なマインドがあなたの中に入ってくる。
あなたが無選択にとどまり、一切をいのちに託していればいるほど、【全て】があなたに起こるということだ。(つまり、全てを手中にするということだ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
選択する、それはプロセスを重視していないことでもあります。結果志向なのです。でも、無選択であれば、プロセス(成り行き)の全てを楽しむことができます。宇宙の目的は、プロセス(成り行き)を体験するために創られているのです。そのための時空間です。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................