すいもんあらゆる現実は、各自の内なる中心から湧き出す「いのち」が外へ拡大しながら創られていきます。
内なる中心の意志は最強ですから、自我にとっては最強の「いのち」の湧き出しを止めることなどできるはずもなく、いやでも呼吸によって自動的に現実が創られていくのです。

もし、自我に少しでもできることがあるとするなら、現実の質(クオリティ)を下げるか、ゆがめることしかできません。

そして、この物理世界の創造においては、物理的肉体の純粋な波動が不可欠なのです。肉体がなければ、エーテルどまり(幽界どまり)です。
そして、もともとの純粋な肉体波動でなくなるとき、つまり至福で豊かな波動でなくなるとき、あなたの周囲の現象だけが不完全なものに低下していきます。

肉体の波動を低下させるような思考を見つけたり、瞑想し観察して気付くことができた時期はそろそろ終わりです。明確に見つけやすい思考は、よい・悪いというような「二極」の思考がほとんどで、感情反応も強いため、気付くことが比較的簡単でした。

ところが、表面にまで上がってこない思考や、本人の頭にさえ認識されないような思考や、無意識に外から付着させた思考、それらを日常生活の中でスグに気付くことはかなり困難なことがあります。
ですので、今後は思考観察というより、繊細な波動観察に入ります。身体の感覚に気付くことで、現実を本来の豊かな状況に戻せます。

理由は分からないけれど(原因が何だか分からないけれど)、意味もなく気分が下がっているとか、なんだか不安とか、そういう微妙な波動に気付くことが重要な鍵になってきました。
身体感覚が微妙な波動に低下したということは、そこには必ず思考が影響していますが、具体的な言語や言葉としての思考を見つけなくても、身体の波動をチェンジし、本来の豊かな身体感覚に戻せば結果オーライです。

身体の波動チェンジができた時には、くだらない思考は消滅しています。
波動の観察、つまり、身体の波動を観じて(感じて)、それを察する(気付く)。
いのちの波動が現実を創造しているのですから、内なる中心からあふれ出る「愛と至福の波動」が、そのままストレートに肉体の外へ拡大できるようにして下さい。そのためには身体の波動を下げないようにして下さい。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................