たにま1思考も感情も悪いものではなく、生きるうえでの醍醐味として使えばいいのです。つまり、思考も感情も、「いのち全体」のために有効に使われるべき道具であって、思考や感情が独裁者になってしまったり、単独で暴走することがマズイのです。

私たちの奥深い中心の虚空(純粋な愛の意識)をシッカリと確立し、そこに各自が根をおろし、そこにグランディングし、そのうえで思考や感情を余裕で使いこなしてこそ、人生が面白くなるのです。使うはずの道具に逆に使われてはなりません。
思考や感情に振り回されるのではなく、内なる中心の意識を「最高玉座」にして、思考は「従者」であることが普通なのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
是非お伝えしたいことがあります。
それは「谷間のオーガズム」(=至福)というものです。
何をしても、しなくても、常に変わらず至福であることが私たちの本質です。(いのちの本質。虚空の本質。意識の本質)。
これを「谷間のオーガズム」といい、無限に続くエクスタシーです。何が起ころうと、あるいは何も起こらなくても、常に変わらず至福です。

最初は少し退屈かもしれませんが、実は、退屈とは非常に高度な感受性が必要なのです。退屈は、私たちの意識の、より高い次元にしか存在しえないものだからです。動物や幼い子供の頃は退屈を知りませんが、それは、まだ意識存在としては未熟であり、感受性が鋭くないからです。退屈を感じられるのは高度な意識進化のたまものだったのです!

特定の何かをゲットし、特別な願望を達成し、「やったあ~~!」と興奮することも人生の素晴らしい喜びの側面ですが、もし、特定の場合だけを幸せと感じるなら、特定の自分だけを幸せと感じるなら、それは本物ではないのです。特定の条件下でのみ幸せなら、それは幸せとは呼べない。

頑張って頑張って何かを目指し、そして何とか達成し、そのとき味わう喜びは「山頂のオーガズム」と言いますが、それはサ~ッと潮が引くように急降下する。だから、また別の山頂が欲しくなります。それももっと過激な山頂を求めます。
人生もお金もSEXもみな同じことですが、ほとんどの人がこの片寄った男性性に踊らされて「山頂オーガズム」を目指すクセがありました。(悪いとは言っていません!)
あるいは、男性性を発揮して行動する前から、不満なままでもいいので山頂を諦めるという片寄った女性性、このどちらかでした。

是非、知って頂きたいのは、普通の当たり前の至福のスゴサなのです!
無理に人工的に頑張るのではなく、ただ愛で過ごす。苦しいほどに何かを欲しがる思考から距離を置いていくと、最初は平凡で退屈に感じる。でも、雑多な思考からも自由になり、強い感情からも自由になって、ただ愛で行動して過ごすうちに、この「谷底」の静寂さが自然に満タンになっていきます。

やま今ここの至福を意識していくうちに、特に頑張ってもいないのに、いのちが満ち満ちていき、谷底全体が自動的に隆起し、無理なく自然に盛り上がります。「谷底」が努力もなく、頑張りもなく、ただ楽々とせり上がって、「山頂」になってしまうのです。
「谷間のオーガズム」(谷底でのくつろぎ)が、それ自体が隆起して、「山頂オーガズム」に変容します。

谷と山が融合し合体するのです。そこに起こるエクスタシーは、急降下もなく、そのまま余韻として永く続くのです。必ず谷が基本。そして谷間だけでも充分もう至福であるというのに、思いもよらない隆起のサプライズがギフトされることが起こります。
わけもなく泣け、わけもなく喜びに打ち震え、わけもなく歌が生まれ、わけもなく踊りたくなる・・・。わけもなくハグしたくなり、わけもなく走りたくなり、わけもなく「ありがとう!」と言いたくなる!
一切の何かを必要としない、この谷間のオーガズムのことも是非知っておいて頂きたいと願っております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆四大精霊(四大元素)とのコズミックSEX(タントラ)◆ in HAWAII (6泊7日)

【日 時】 2014年10月12日(日)羽田発~18日(土)羽田着
【ツアー代】 56万 (完全個室。サンセット・ディナー・クルーズ代。現地ガイド代。セミナー代などを含む)食事代は各自になります。

◎現地への各種準備の関係上、キャンセル不可となります。
◎お申込み&詳細は、左上のタブ【セミナーのご案内】をクリック!

【ツアー内容】
・ハワイのチャンティング(祝詞)
・思考無しの神身体の至福感覚に慣れる
・神身体(至福体)を確実に創る
・全宇宙、全現象、全現実への深い敬意と感謝
・「今ここ」に生き、内なる喜びを身体で表現する
・完全なる虚空(完全なる無)を祝う
・死に花(死ねない花=菊・蓮)の意味を知り、「死に花」(死なない至福体)を咲かせ続けることの意味を知る
・その他(参加者によって、変動する内容もあります)



...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................