あな1あなたは、この肉体の中に【特定の誰か】が中心人物として住んでいると思い込んでいる。山田A子や伊藤B男が住んでいると思い込んでいる。思考も行動も、その中心人物に属していると信じている。

それが自分という者で、その自分が生きて動いていると本気で思い込んでいる。その自分という固まりが泣いたり笑ったりしていると本気で思い込んでいる。

でも、その固まりを追求して紐解いていくと、どこにも何も無いことが分かる。あなたの意識が肉体の内側に深くもぐっていけば、その事実を理解できるはず。何も特定のものが無いのです。何も特定の者もいないのです。内側に深く入っていけば分かる。ですから、行動それ自体は起こってくるが、その行動をする【者】は居ないということです。

あなたは虚空という穴に過ぎない。穴からはいのち火(素粒子、光子)があふれ出し、それが思考という物になったり、肉体という物になったり、行動という波になったりしているけれど、あなたはそれらの動きを放出して観照している【穴】に過ぎない。(穴と雪の女王なんちゃって!→ご、ごめんなさい)

虚空は穴だらけなのですが、穴多だから「あなた」なのです。(こちらはダジャレではありません)。穴には無数の静止画像がある。この全て静止している無数の画像群を、非常な速さで別の位置(別の次元)にある立体スクリーンに点滅させているだけです。穴でしかないあなたは、穴から放たれた点滅の画像を見ているだけです。点滅というトリックによって、まるで外の画像が動いているように見える。

だから、特定のあなたなど、どこにも存在していない・・・。この事実を知ることは、本当に怖いかもしれません。うすうす分かりかけてくると急に怖くなって、放映画像の中に意識を集中させて逃げる。そして、夢の世界で事実を忘れていく・・・。意識が眠っていく・・・。

ですが、まともに事実を知ったほうが、もっと楽しいのに・・・。

あなたは覚醒できないんじゃない。覚醒などしたくないのでは?気づきたくないのでは?悟れないのではなく、悟りたくないのでは?その理由はやはり怖いからです。中立な言い方をするなら、今まで知らなかった事実を分かってしまうことは怖いことだ!とプログラミングされただけです。(さらに中立な言い方をするなら、怖いことだという自己催眠をかけて、覚醒ゲームを難解なものに仕立てあげただけですが)

あるいは、まだまだ人間ドラマを放映しながらハラハラドキドキしていたいのです。意識を覚醒させて次のゲームに入ることなどしたくないのです。決してそれが悪いということではなく、全ては自己責任ですから、ハラハラドキドキの責任を現実のせいにしないことです。宇宙のせいにしないことです。運勢や過去世のせいにしないことです。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................