今日は、ブログを読んで下さる全ての方々へ是非お伝えしたい内容ですが、今までに私のセミナーを受講された方々には必須事項です。(今、講座を受講中の方は、特に腑に落としておいて下さいませ)

興味が湧かない方はスルーして下さって構いません。長くなりますが、主に二つのことを取り上げます。

どいつのだいく●肉体労働に対するプログラム(=思いこみ)

今朝、いつものように、「肉体労働でも何でも、私にできる全てをやらせてもらいます」 と宣言しました。誠実に中立に宣言すると誰にでも分かることですが、ものすごく愛(=いのちエネルギー)が身体に入ってくるのです!

肉体は、先ずは第一チャクラ(根のチャクラ)からいのちを受け取る(うけひする)のです。ところが、全身全霊を動かす第一チャクラが閉じていると、愛が入ってこられず、循環できません。私たちは、神の愛の意識をこの物理世界で肉体を通じて表現しようとしているわけですから、第一チャクラを閉じていては何も始まりません。

「肉体労働でも何でも、喜びからやらせてもらいます!」と宣言するとき、それ相応の愛とパワーと能力が第一チャクラから直接入ってくるのです。ですから、「肉体労働はしたくない」と思うだけで第一チャクラが閉じてしまい、パワーが下がり、気力が落ち、愛と至福から遠ざかります。頭脳労働者(?)に多い不健全なパターンです。

肉体労働という言葉に対する思いこみが先に植え付けられているから、そう宣言できないのでしょう。その思いこみは全てプログラムになって、あなたを支配しています。肉体労働=3Kのような思考です。それは単にプログラム洗脳なのです。そんなプログラムがあれば、誰だって「何でもOK」とは宣言できません!

でも、決して3Kではありません。各自の喜びと才能に応じた肉体労働が割り振られますからご安心を!ちなみに、上の画像はドイツの大工さん!かっこいいですね~!この画像からは3Kを感じません。

 

いたみ●蓄積の心(貯めこむ意識)

全ての「かゆみ」「痛み」は、古いエネルギーが抑えこまれて溜まって毒素になっていたものが、解放されて出て行くときの症状です。だから感謝して下さい。心の痛みが、やがて肉体の痛みとなって出てきてくれたのですから。

あらゆる毒素(思考毒素、感情毒素、物理的な金属毒素など)は身体の自浄作用によって排出できるのだと知っていて下さい。身体にとって、出せない毒素など皆無なのですが、身体に活躍させてあげていないだけです。なぜ活躍させてあげていないのか?それは蓄積しようとする心があるから!

蓄積という状態の話しではありません。蓄積が悪いのではなく、内面の話しで、「蓄積しようとする心クセ」を捨てることです。とどまる必要があるものは自ずととどまるし、崩壊して消え行くものは消え行くのみ。それを人工的(エゴ的)に何とか蓄積しようとする心があるから、肉体の自浄機能を損ない、活躍させてあげられなくなるのです。

古いエネルギーが溜まっていくのは、蓄積しようとする心があるからです。もし、肉体を手放すとき(=死の時)に、なるべく痛みを伴いたくないならば、貯めこもうとする心を普段から捨てましょう。ポクっと死にたいでしょう?笑。(貯めるな!と言っていません。貯めることを第一目標にするなという意味です)

そして、必ずしも「病気をしてから死ぬものだ」というプログラムに振り回される必要もありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆今までにセミナーを受講された全員の方たちへ!

イキイキできないような思考を、「自分の本質ではない!」と分別して下さいとお願いしてきました。今後も気付いた段階で分別して頂きたいと思います。より自由に拡大繁栄することを阻むような古い思考の全てを、分別ゴミのように内側から解放して、身体の自浄作用によって愛に戻ることを許して下さい。

この分別するという才能叡智は全員が持っているものですから、必ず身体感覚が教えてくれます。窮屈で緊張する感じ、以上に興奮する感じ、萎縮する感じ、優越感による舞い上がり、ワクワクから遠い感じ、自然な感覚ではない全てを分別して捨てましょう。この分別の叡智は、すでに私たちの内側に持っていますから!

◆先日、密教講座を受講された方々へ

この分別する叡智のことを「不動の利剣」という名でお伝えしました。(真言と印も)。ですから、内なる叡智をますます自覚されて、余計な思考と感情の毒を分別し、解放していって下さい。

 

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................