おうとこじき私たちはかつて、いつかどこかで売春婦であったし、神官や巫女でもあった。導師であり奴隷であり、農民であり代官であった。殺人者であり殺された者であった。

征服者であり征服された者であった。子供であり大人であった。教師であり生徒だった。敵であり味方であった。愚かであり賢かった。神でありサタンであった。

自分が王になるまで王の苦しみは絶対分からない。そして、王は召使になるまでその奉仕の精神の謙虚さは分からない。

また貞淑な妻は、妾の立場になるまでその辛さは分からない。妾は、貞淑な妻になるまでその大変さは分からない。

人生の道(未知)は、全てを体験して、深く知ることに尽きるわけです。

もし、私たちが全ての状況を知りつくし、全ての立場を体験しつくし、あらゆる感情を知りつくしたなら、全員の生き様を受容できるような器(スケール)になっていく。これが本当の拡大進化なのです。

全ての人のありようがよく理解できるからこそ、いっさいの価値判断をすることなく、彼らをそのままでいさせてあげられる。なぜなら、あなたはすでに彼らになりきったことがあるから、微笑んで見ていられる。もし、それができないなら、自分にも価値判断を下して、許していないことになる。

だから、「いいね!」をクリックするのは普通としても、「B~!」って何なのだろう?(と、思いませんか)

かみとあくまあなたが自己の人生において主人公であるように、他者も彼らの人生においての主人公なのです。唯一無二の絶対的な価値が各自にあります。

相対比較してお互いをやっつけ合うゲームも面白いけれど、そこからお互いが一歩も拡大できない。各自の魂がワクワクしているゲームができない。各自の創造性という能力をつぶし合い、お互いに自滅していく。

自分の中に、無意識に相手をつぶしたいという思いが潜んでいないでしょうか?

あるいは、自分はそうでなくても、相手をつぶしたいという世間のエネルギーがあなたの身体へと入り込んでいないでしょうか?やたらと誰かの言動が気になるなら要注意!コメントしたくなるなら要注意!相対競争の世間のエネルギーに侵食されて、本当の自己を見失っているかもしれません。

かみとあくま1私たちは、全ての人の中に神を観て、彼らを受け容れて愛することができる。ですから、全ての人が今はどうであれ、あなたは彼らを変えようとする必要もないし、救おうとする必要もない。でも、そうしたいなら、そうしてみる。すると・・・何も他者にしなくてもいいということが分かる。

ただ、単に彼らをあるがままに放置してあげて、各自の思いに従わせてあげればいいだけです。(あなたは単に、今はそこには興味が無いというだけのことなので。)

この物理世界に生きる全ての人は、飢えていようと、身体に不具合があろうと、農民であろうと、その体験から何かを得るために(気付いて理解するために)、各自の経験を選んでいるのです。

そこを充分に体験して、さらに別の体験へと進んでいき、またその体験から、内なる中心に偉大な理解をもたらすことができるのです。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................