たろっと1神(=創造意識)になるのは実は簡単。覚者(ブッダ)になるのは実は簡単。

無意識と有意識という二重構造に分かれているものを統合し、統一し、一本化するだけでいいからです。無意識の領域に気付きを持ち込むだけでいいからです。いつも【意識的】であればいいだけです。

覚者(ブッダ)は、実は動物のようにシンプルで、動物のように素直で、動物のように純粋で、生も死も分けずに等しく受け容れる。

動物と違う点は、彼の純真さは無意識や無明からではなく、【意識的】であることが根底になっている。根底が完全に変容している。

意識的に、全体的に、トータルに統合され、機能的にまとまった存在として生きている。彼の存在の全てが全く分かれていない。このように、分かれていない人のことを【聖者】と言う。まとまって調和していることを聖なる状態と言う。

だから、聖者になるのは簡単。度を越した修行もいらない。度を越した断食もいらない。ただ意識的に、ただ全面的に、トータルに統合的に、繊細に、片寄らず、全てにおいて気付きを伴って丁寧に生きるだけ。

日々、繊細に醒めていること。自覚をもって、意識をもってちゃんと歩く。ちゃんと意識して話し、意識して聞く。自覚して、目覚めて食べる。意識してお風呂に入る。これが禅であり、まことの瞑想です。

ひらめき ロボットのように、ルーティン・ワークのように、ただ機械的に生きることをやめる。事務的に色々なことをするのをやめる。ぼ~っとしたまま、他のことを考えながら何かをすることもやめる。それらは、覚醒ではなく、眠りの一種なのです。

中立に醒めて観察している意識、それが私たち。意識が醒めて起きていないと、無意識の部分に猛威をふるわせてしまう。

もし、無心に、一心に、全身全霊で「今ここ」に統合して、やるべきことをやっているなら、あなたの【無意識の部分】の断片たちが、少しづつ【意識的】なほうへとまとまっていく。

そのとき、もう、あなたは分かれていない。分かれていないから不安がない。迷いも葛藤もない。

自分の内部が分断され、分かれていることは、内部抗争が起こっているのと同じ。この内部抗争が、外の世界には世界戦争というカタチとなって現れる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さんげ3◆死と崩壊への祝祭にご参加された皆様へ

今回は、非常に基本的であると同時に、重要な内容だったと思います。

科学界においても、ますます、ボディの崇高な仕組みが解明されていくことになる予感がしています。

この素晴らしい「創造システム」である、あなたのボディをこよなく愛し、好きな領域において充分に活躍させてあげて下さい。

 

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................