でし1ここのところシリウス系の情報 (=創造のシステムに関する情報) が超スピードで降りてきます。

あまりにもシンプルかつ深い内容なので、本に書きたいと思うのですが、シリウスの長老GEOH(ゲオ)いわく、「本に書いている時間はもうないぞ。書いているうちに新たな情報が次々と来てしまうから」とのこと。

ですので、今後はブログやYou Tubeで新ネタの要点を公開しながら、実践・実習は長期講座でと思っています。

今朝のシャワー中&その後の、長老との対話をそのまま書きますので、長くなりますが、宜しければお付き合い下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆長老

昨日のブログ、あれじゃあ一般の人には難解すぎる。師の表現の一部をパクって書くな。(ひゃ~!バレました?)

全ての内容は、自分が受け取って翻訳したままの言葉で書け。(は~い) (^^ゞ

では、今から言うぞ。【意識的】に生きる、それは今ここの【空間】をしっかり感じて生きるということだ。大きな空間であれ、目の前の取り組む事柄という小さな空間であれ、空間を感じて生きろということだ。これが「空気を読む」ということの本当の意味だ。

◆Mana

空間の全てに溶け込むような感じ?

◆長老

まあ、それに近い。そして、先日の「死と崩壊」はなかなか良かった。参加した人には補足として、知らない人には新ネタとして、今から分かりやすく言いたいことがある。

全ての源である「空」(くう)、これは時間を超えてしまって時間が消えている(時が止まっている)領域。 光の速度を超えてしまって光の速度が消えている(光が止まっている)領域。 現実(この世)を超えてしまい、現実(この世)が消えている(現実が止まっている)領域。

はね◆長老

以前、お金は羽族だというネタをお前に知らせたのは私だ。 羽って何のことか分かるか? たとえば扇風機の羽を例に出そう。あの羽が物理的に肉眼で見えるのは回転スピードが遅いときだ。 速くなるほど羽のカタチは見えない。

超高速の回転波動になると羽が消えたように思える。でも誰も 「扇風機の羽が完全消滅した!」なんて思わないだろう?

◆Mana

そこに「扇風機の羽がある!」と観察者が思っているからですね。思っているから、また回転が遅くなると物理的に見えるようになる。

◆長老

その通り!そしてお金も物もこの羽と同じだ。お金や物の回転数が超高速になってしまうと、肉眼で見えないだけだ。つまり、この空間は超高速で回転している光の羽でいっぱいなのだ。それは、空間がお金やモノでいっぱいということになる。

ついでながら言っておこう。 「空」 から押し出される光はスピン回転している。この回転は【自転】ということだ。そして【公転】の軌道を忘れてはならない。この公転軌道が創造のシステムだからだ!

公転とは 「らせん軌道」 だ。最初の公転は小さい楕円として描かれる。そして少しずつ大きな楕円を描きながら「らせん」していくと、大きな「らせん」になった時、肉眼で見えてくる。これが現実化だ。物理化だ。創造だ。

はね0最も重要な話しをしよう。この創造のシステムは、人類全員のボディに搭載されている光の羽のシステムだ!ボディは素晴らしい宝だ!

お前には、先日、ウィング・ボディ・メーカーという言葉を送ったが覚えているか?

◆Mana

はい! 人間のボディを、光の羽のボディとして想起し、羽ボディに変容させるためのサポーターということですね?

◆長老

分かったならいい。それだけではないぞ!本当の秘密がある。

ここが最も重要なのだが、「肉眼で見えない回転」が「見える回転」になるか否か、つまり、俗に言うところの「物理的な引き寄せ」とかいうものだが、それこそが皆が知りたい部分ではないのか?

なぜ、見えるまでの回転にならないのか?(見えない波動が、見える粒子にならないのか?)

そのギリギリの境界線(=ザ・ドア)が開かれていないと無理なのだ。

はね3その境界線を「ハート」という。

「ハート」を女性性の言い方で翻訳するなら、無条件愛、中立愛、万物愛、宇宙愛、キリスト愛、そういうもののことだ。

「ハート」を男性性の言い方で翻訳するなら、純粋な興味のことであり、並々ならぬ好奇心のことだと思ってくれていい。

「ハート」の回転数を通過しないと、自分のところへ見えないカタチでは来ていても、カタチとして観るまでに至らない。

◆Mana

すごく分かった!内なる中心である根源、「空」、それはハートの奥なのですね。

◆長老

一般的には、内なる中心は「ハート」だと思われている。ちょっと違う。ハートを経由するが、実はもっと奥だ。そして「空」と「ハート」の間に【鋳型】の領域がある。

◆Mana

鋳型、つまり、超高速の波動が初めて粒子化しようとするところですね。物理的に現れる前の【青写真】ですね。

◆長老

そうだ!

◆Mana

これって、まさに恩寵ですね。誰にも等しく与えられた宝・・・

◆長老

はね1そうなのだ。ところが、この秘密を他者に教えたくない気持ちになるのではないかな?

◆Mana

そうです!やっぱり惜しいと思う。自分だけの宝にしておきたい。今でも、新規にネタが来るたびにフッと思う (という想念網が出る)

◆長老

それは、お前もドップリと古い人類の集合意識(想念の網)にひたってしまったからだ。これまでの情報が、何故お前が受け取れたと思う?

独占所有しようとする気持ちを手放したからだ。

「空」も宇宙も恩寵でしかない。それなのに、「ハート」を閉じているから受け取れない人がいる。

生はすでにあるのだから、ただ静かに、受動的に、意識して受け取ることだ。

「空」&「宇宙」は、人の努力に応じてやってくるのではない。努力し頑張ったから来るのではない。恩寵としてやってくる。あなたが無条件愛であれば来る。生を信頼し、喜びを信頼するということだ。

もし、自分を本当に知りたいと思うなら、それは生とも言えず、死とも言えない。生は一方の極、死はもう一方の極、自分という存在は【生も死も超えたところ】にある。これが「空」だ!!!

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................