こそだて1表面上は男性の身体であれ、女性の身体であれ、【女性性】 を持っている。

女性性の特徴は色々あるけれど、それは身体を女にするためにあるのではない。

女性性の特徴の最たる部分とは 【責任を負い続ける】 ということ。

特に子育ての責任。自然界の生き物の全ては、子育ての責任を負う必要があるからです。

そして意外なことに、男性としての肉体を持つ人間の場合、子育ての【責任を負い続ける】ことに慣れていません。

こそだてこれは、実際の子供を育てる責任のことだけではなく、自己の中の子供の部分(未熟な部分)を育てる責任を負うことをも意味します。

未熟な自己を進化させ、成熟させる(進化させる)ことに対して、【責任を負い続ける】 ことができるのが【女性性】なのです。

ですから、スピリチュアルなことに関心があるのは、身体の性別を問わず、【女性性】 の働きによるものなのです。

男女を問わず、【女性性】 をもっと意識し、育み、発達させ、男性性とのバランスをとりましょう。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................