(※出雲の遠隔のお振り込みですが、ギリギリ15日の朝に必着で大丈夫です)

あおむし3昔、小学生の時、青虫の観察日記をつけていたことがあります。

いつもカサカサと大きな音をたてながら、桑の葉を食べていましたが、ある日、完全なサナギになりました。

そして、忘れもしません。あの感動の日!

ゆっくりと殻を破って、大きな美しいアゲハ蝶が出てきた瞬間のことを。

私たちも今までは青虫でした(それは大切な経験でした)。

そして、青虫が「もう充分だ!桑の葉を食べることに満足したし、地を這いずることにも満足したし、そして飽きてきた!」 と心底思う時、青虫としての過去から足を洗う。

あげはちょうそしてサナギの殻の中でゼリー状の混沌になって、どういう展開で、どのタイミングで、どうなるのかも分からないけれど、なぜか新たな自己の夢が湧き、それをまざまざと観る。

古きが崩壊すれば、必ず、新たな意識がもたらされる!間違いなく!

表面上のカタチはまだ未完成でも、すでに「次の自己の意識」が今ここにしっかり在る!

過去の自己を創っていたものと同じ材料が、いったん崩壊してゼリー状になり、そしてその同じ材料が「創造システム」の叡智によって別の自己へと創造される。

シンデレラのお話も同じで、ネズミを創っていたのと同じ材料が馬になり、カボチャを創っていた材料が美しい馬車になり、シンデレラのボロ服を創っていた材料がシルクのドレスになる。これは真実の物語です♥(青虫の変容と同じ)

しんでれら1では、この魔法使いとは一体何???(私たち全員にすでに備わっているボディシステムのことです)

いったん、古いものの材料が壊れてゼリー状になって(混沌になって)、あとは愛の叡智によって新たなものに変換されるのです。

古きものが壊れても、次のものが意識において確定されていないから起こってこないだけです。

もちろん、ボロ服が悪いということではなく、まだまだ、自分が体感していない他の喜びもあるのだと、謙虚に意識の拡大をしていくならば、いのちが歓喜し、その愛自体がワクワク動きます。

シンデレラは、古いボロ服を物理的に使って、新しいドレスとして創ることもできたけれど、それは「自己の知り得る範囲」でしか新しい作品にならないし、「自己の知り得る範囲」での創造の時間しか経験できません。

古きものに満足して気持よく手放し、あとは純粋な自己の思いを抱きつつ、天の展開にまかせるのです。

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................