いつもブログを読んで下さる方々にとりまして、日々の現実において、実際にお役に立つようなブログでありたいと思っております。

今日も、是非ご理解して頂きたい内容です。ジックリ腑に落として下さいますよう願ってやみません。またしても、多くの方々にある「盲点」が分かってきました。

みずのむ水を求めず 渇きを求めよ!

この言葉が意味する重要なポイントにお気づきですか?

「うるおいを欲するのではなく 渇きを求めよ」ということです。

え~~!?それって逆なんじゃないの?という疑問の声が聞こえてきそうですが、いえいえホントのことです。

要は、あなたがうるおいを求め続けているなら、渇き続けるだけなので・・・。

うるおいを求めていたら、創造性(いのちの噴火)など出るはずもなく、枯渇し続けるだけなので・・・。

 

みずのむ0創造性(いのち)が枯れている人だけが うるおいを求めることができる。

そういう人だけが 元気と健康を欲しがることができる。

満ちたりようとすることができる。

至福を感じたいと思うことができる。

何かを欲しがり、何かを懇願することができる。

そういう人とは逆に、うるおっていて、元気で、至福な人だけが、「渇きを求める」ことができる!

渇きを求める人だけが 吐き出したくなることができる!

あふれる放出したくなることができる!

提供したくなることができる!

創造性(いのち)を噴火させたくなることができる!

 

つまり、渇きを求めることができる時点で、すでに うるおっている!!

あなたの意識はいかがでしょうか?

アッという間に、無意識に、うるおいを求めていないでしょうか?

 

 

 

...................................................
スター・ハート(Mana)
TEL:052-761-4344
メルマガ登録はこちら
facebook:スターハートのfacebookページはこちら
...................................................