名古屋のスピリチュアルは「空」のメッセンジャーManaのStar Heart|スターハート

スターハートブログ

深い死(入滅)&よみがえり遠隔神儀 (北海道&琉球)

北(気多)は「あの世」の象徴です。深い死を経て、新生・新化へUターンする場。
南(実波)は「この世」の象徴であり、結果と実りを経て、深い死へUターンする場。

「あの世」と「この世」は、結び合った「一対」でなくてはなりません。どちらも活性化しなくてはなりません。特に「あの世」は!

 

来たる6月5日に、開拓精神の象徴でもある北海道の大地で(帯広で)、そして13日には、精霊多き琉球にて「深い死」「愛と喜びの蘇生・進化の遠隔神儀を行なうことになりました

 

◆真っ先にあなたの「意識」を「あの世」である「虚空」へ死なせて、完全なる「神愛の意識」へと変容して頂く神儀。


意識が変容して初めて、古い自我を受け容れることができ、自我を解放(崩壊)させてあげられるからです。


◆その後、琉球において、「光の中脳」(&光の柱・光体)を新生していく神儀となります。

「心構え・意識の合わせ方」を、随時ブログにてお知らせ致します。

 

 

神儀の意義(喜びをもってお申し込み頂くために、概要をご理解下さいませ

Mind Power肉体&脳の本格的な「開拓・進化」に向けての

前祝いの儀となります。(遠隔神儀の集大成!)

 

に関する間違った恐怖に気付き、

あなたの「意識」を物理次元から

無限の虚空に帰還させることで、

全身全霊を蘇生・変容・進化させます。

その意志を、明確に発動する「意のり」の儀です。

 

天の意(虚空の意志)とは、私たちの意識が愛になることと、

愛の意識によって新化することのみ!

 

 

自我(思考と感情のパターン)というカタチは、

愛とは程遠い「我利の意識」(ガリガリ亡者)から創られています。

あなたの意識が、その意識にふさわしい自我を創ったことを忘れてはなりません。

自我を創っておきながら、その自我を受け容れられないほど、愛が無い意識のままなのです。

 

過去世からずっと霊性のない意識のままであり、スピリチュアルな意識とは程遠い!

なので、結果として、脳と肉体を発展させられないわけです。

 

誰もが、いつの日か必ず、意識が「深い死」を通過して、

そこから起きる「意識の変容」(神化)を経験したいという

自然な欲求が湧く時が来ます。

 

そして、それは「深い死」への意志を「今この瞬間」に決めるからこそ

その成り行きとして、各自にベストなタイミングが来るわけです。

(自我のことや、深い死に関して、もっと理解されたい方は、5月7日、8日のブログをご覧下さいませ)

 

 

深い死(入滅)&よみがえり神儀帯広&琉球)

深い死&よみがえり→霊性・肉体・脳の進化!

遠隔のみのご参加となります。(直接ご参加が満席のため)

1,聖なる双子座の新月・6月5日(正午~)双子座特有の変化とスピードがもたらされ、停滞した状況に風穴を開ける。
2,銀河の活性化の日・6月13日


  ¥33,000→(両日の合計です)

  

●日 時:6月5日(日)の正午~
6月13日(月)は、時間未定です。(間近にお知らせします)


 

●場 所:帯広神社&琉球(沖縄)の「ある聖地にて」

   

●締 切5月末日

 

●参加費お振り込み:5月末日までに(33,000円)

三井住友銀行 池下支店 (普)0190221 (株)スター・ハート

 

遠隔ご参加直接のお振り込みで、申し込み完了とさせて頂きます

お振り込みの際、必ずご本人の氏名をご記入下さい(→「帯広神社」&「琉球の聖地」に奉納させて頂きます)

 

…………………………………………………………………………………………………………………………………………………..

◆「帯広」の由来

アイヌ語のオペレペレケプ(=河口がいくつにも分かれている川)で、その深意(真の意味)は、どこまでも発展繁栄する「いのちの川の流れ」ということです。

 

開拓の三神=「死と生」を融合して新化発展させる天意(あい)のエネルギー

1,大國魂神(おおくにたまのかみ)北海道の国土の神 (→脳を司る神エネルギー

2,大那牟遅神(おおなむちのかみ)国土経営と開拓の神肉体の才能を開拓する神

3,少彦名神(すくなひこなのかみ)医薬・酒造の神生命の新化ホルモンの神

The happy moments

補足

あなたの肉体を「開拓する」のは、

この世に「知らしめる」ためです。

自分の国(=肉体)を愛で「開拓」して、

それを現実の世の中に「知らしめる」ために、

この肉体を頂きました。

 

私たちの「霊性」「肉体」「脳」を開拓するには、

当然ながら全体愛に溶けて死ぬ」「無限の奉仕愛に死ぬ」という自発的な意志が必須です。

 

すると、ようやく脳下垂体は開き始め、

愛の甘露(不老不死・常若の至福ホルモン)を

放出するようになっていくのです。

 

 

 

【〆切ました】出版トークイベントin東京

2月2日で〆切

存在は、肉体だけの存在でもなければ、意識だけの存在でもありません。
その両方、物心両面なのです。(聖なる二分法)(あの世とこの世)

 

最もお伝えしたいことは、「ゆりかごから墓場まで」というような直線的な時間の考え方は、大きな勘違いだということです。
つまり、生と死は直線上の「離れた二極」ではなく、統合され、調和して働くものだということです。


 

そして、私たちという肉体だけの存在でもなければ、意識だけの存在でもありません。 その両方、物心両面なのです。(聖なる二分法)(あの世とこの世)

今後、この地球にいかなる社会が展開することになるのか、その青写真や、いかなるご質問にも誠意をこめてトークするつもりでおります。

 

まだ私がお会いしたことのない方をはじめ、スピリチュアルなことをよく知らない方や、何回でも聞きたい方や、新刊を読まれて詳しく知りたいと興味が湧いた方など、是非この機会にお気軽に起こし下さいませ♥


…………………………………………………………………………

主な内容・・・(今の予定です) 録音は不可です。


・あの世がこの世に現れている
・肉体にとって、「真の栄養」とは何か?
・人はなぜ生きる?
・あの世、この世、中有(偽のあの世)
・肉体は単なる肉のかたまりではない
・高齢化と老化は、全く別のこと
・来たるべき高齢化社会の意義
・霊的なハイは、偽の「高次」
・動き、変化するものが神
・「あなた」はいない
・永遠無限で普遍の真理
Q&A
・その他

◆日 時: 2月6日(土) 午後1時~4時 (開場は12時半から)

◆参加費: 11,880円 (11,000円+税)
         →お申し込み後、10日以内くらいにお振り込み下さい。
(店番706)三井住友銀行 池下支店 (普)0190221 (株)スター・ハート

 

◆お申し込み: スター・ハート窓口「申し込みフォーム」からどうぞ!
 締め切りは、2月2日まで。お振り込みは、4日必着
                     

◆持ち物: 飲み水。ノート・筆記具など。(各自のご自由) 録音機器録音不可

◆会 場: イオンコンパス)東京八重洲会議室の「ルームB+C

JR東京駅の八重洲中央口より徒歩4分(八重洲地下街24番出口)
【所在地】東京都中央区京橋1-1-6 越前屋ビル4階

いおんこんぱす

 

 

特別遠隔神儀(垂直統合)in青森 

・・・・・真の満足と感謝のために・・・・・

普遍の真実/ 永遠の真理/ 無限の創造システム/ ニュートラルな意識を使う奥義/ 隠されてきた錬金術/、これらを今こそご理解頂けると信じております。
(大切なこれらを伝えるために、私は今まで生かされてきたと感じています)


 

「のど」は、現実化の「青写真」の場

Sore throat - Flu / Cold / Stuck throat11月12日は、さそり座の新月で、「神秘の霧のベールを払い、真理の謎を明らかにする」という意味があります。

この日に行く予定の、青森の『キリスト意識の場』は、日本国の「のど」(第五チャクラ)に相当し、私たち各自の「のど」にも関係する場です。

 

もともと、「のど」は、「無限のセリフ」「愛のセリフ」「万能のセリフ」を語るところです。神(宇宙)の言葉を通過させるポイントです。そして、光の体が鋳型化(現実の青写真化)されるポイントです。

 

つまり本来、「のど」は聖なるポイントですから、限界・制限・不自由・不満・不足・ぐち・泣きごと、といったような「愛ではないもの」を語る場であってはならないのです。「無限の光生命」をさえぎるような、思考プログラムを発動する場ではないのです!

 

そして、究極かつ最大の限界・制限プログラムとは、「私たちは死なねばならない」「私たちは死すべき存在だ」という思い込みのことです!(え?光の存在なのに?)

 

人として「最終的な制限思考」(プログラム)」の解除となりますが、最もマインドの抵抗が強く起こるかもしれません。だからこそ「天地および四大元素の力」も借りての神儀」とさせて頂くわけです。

 

私たちは、神聖な「のど」(第五チャクラ)において、制限・限界・不満・不足というプログラムを信じて使ってきたために、ゆがんで閉じたチャクラにしてしまいました。


 

宇宙ゼロポイントからの「光(いのち)」が、直接、純粋に現実化するための「通路」が、狭い「関所」のようになってしまったのです。

 

狭くなった「のど」を解放し、開き、光の通過と循環を100%にし、「宇宙の真実を語る場」に戻すことが大切です。
永遠無限なるモノゴトを話す場に戻すのです。(青森の青は、「青写真」の青でもありますね。)


 

ゆるぎない絶対的な「真の満足」と感謝のために、無限のいのちを受け取り続け、無限に生きて繁栄するという真実の声を発動し、深く腑に落として頂くための神儀です。

 

ご参加資格 秋田の遠隔を受けていない方もOKです(どなた様でも可)

日 時 11月12日(木)
       この日の、正午~夜11時くらいのうち、お好きな時間帯(10分くらい)

会 場 どこかへお出かけする必要はございません。

青森の「とある場所」に、皆様の意識を合わせて頂くのですが、
神儀に参加される方の「当日の詳細」に関しては、その前日までにアップさせて頂きます。
(※それまでの期間は、できるだけやって頂きたいことを、後のほうに書いてございます)

受け光(うけひ): 22,000円

お申し込み11月9日〆切直接のお振り込みだけで、お申し込み完了です。

今回のお支払いの際に、あなたがもう採用したくない「制限限界不満不足(喪失)・不自由・グチ」の言語(思考プログラム)を手放す意識になって、そのエネルギーをお金に乗っけるつもりで、お振り込み下さい。

 

必ず、「個人のお名前」でお願い致します。
お振り込み期間は、 10/16 ~  11/9(必着

(店番706)三井住友銀行 池下支店(普)0190221
(株)スター・ハート

 

神儀の意義 (ご面倒でも、当日までにはお読み下さい)

 1,秋田での「水平統合」の意義 → いのちに感謝(ハート・チャクラを開く)


人類が全く気付かなかった最大の盲点、つまり『生と死の分断』という二極化の考え方を外して下さい。すると、「生と死」の働きが一対になります。

結果として、無限のいのちが循環し、勝手にイキイキし、満足し、感謝でき、結果として全ての感情は統合されてしまいます。
不自然な感情や思考プログラムが統合されると、「感謝の思い」へと進化します。

 

2, 青森での「垂直統合」の意義  創造システムに感謝(第五チャクラを開く)

無限いのちの根源は「ゼロポイント」、その無限いのちを具体化する場が反射ポイント
これが【聖なる二分法】(創造の双子)です。


 

ゼロポイントと反射ポイントとがつながってこそ「光の通路」が貫通し、
この通路にて、生と死の作用(創造システム)が同時調和して起こっていくのです。


 

ただし、私たちが、聖なる「のど」において、思考プログラムを使って、光の循環(生と死の同時調和)をジャマさえしなければ・・・。

 

もし、あなたが、制限・限界・不満・不足・不自由・グチの言語(思考プログラム)による「感情反応のブレ」を起こし続けているならば、
あなたの反射ポイントがブレて落ち着かず、ゼロポイントと直結できません。


それは、ゼロポイントからの「無限のいのち」を受け取れないということです。

 

Cross radiates light in sky over beautiful landscape

十和田の「十」は、水平と垂直が交わったカタチを表しています。つまり、

1,秋田での「水平統合」(感情のブレの統合)、
2,青森での「垂直統合」(ゼロポイント&反射ポイントの統合)、

 

以上の2つが「和する」ことで十になるのです。
キリスト十字は、「水平と垂直の和合」を伝えている「聖なるシンボル」であり、形霊です。

 

そして、『キリスト意識の場』以外にも、『十和田湖神社』に祀られている四大元素(地・水・風・火)に、感謝と祝福を奉納してまいります。

 

特別遠隔の詳細: (面倒でも、当日までにはお読み下さると嬉しいです)

私たちは、二極の役割をどちらも体験し、全ての役割を体験することによって、あらゆる立場からものごとを見ることができるようになり、全ての人の気持ちを理解できるようになります。

 

「あらゆる二極」を体験し尽くし、知り尽くすことによって、意識がひとつに統合されて、私たちはようやくニュートラルな無極(ワンネスのゼロポイント)に至ることができ、意識はますます拡大進化していきます。

 

「制限プログラム」(偏見)がひとつでも残っていれば、いずれ感情のブレは起こってきます。

 

最も人類の盲点であった「生と死」の二極化は、「時間は直線である」という考えからの偏見なのです。ゆりかごから墓場へ向かって人生時間が流れているのではないのです。つまり、人生は生から死に向かっている直線時間ではないということです。

 

私たちの今までの歴史が、「延々とジリ貧で死に続ける」という意識での役割を体験してきたのなら、これからは「延々と発展して生き続ける」という意識での役割を体験し尽くすことで、意識がニュートラルに統一調和されて無極化します。

 

これは、キリストが本当に伝えようとした「人体のハイテク科学」でした。

 

ニュートラルで無極の存在(無限の万能存在)になれたなら、そのあとは宇宙の無極(ゼロポイント)からの「純粋な意志」だけが起こってきます。

 

私たちはこれから無極・無限を知り尽くす体験に入るのです。
無極化、それは「極限が無い体験をする」ということになるのです。限界が無い体験への出発です。

 

お申し込み後、当日直前まで意識するべきこと

申し込みをされた時から、もうプロセスが始まっています。
一切の制限思考を外したなら、限界なく(無限に)発展して生きていくことが可能になります。

 

「無限に生きる意志」=「無限に進化繁栄する意志」 です。
当日まで、以下のような意志を強く持って下さい。できればハラから口に出して宣言して下さい。

1,「愛と喜びの無限のいのちを受け取ります。そして、無限に生きて進化繁栄していきます」

2,「制限・限界・不満・不足・不自由・グチ・ジリ貧・死滅のためのプログラムに感謝します。ありがとうございました。そして、その全てを天に返します(ゼロポイントに返します)。

感情統合の遠隔神儀(水平統合)

stockfoto_11534191_S (1)パラダイム・シフトのための感情統合

日 時 10月13日(火):
正午~午後11時くらいのうち、お好きな時間帯(10分くらい)


 

会 場

どこかへお出かけする必要はございません。

私と友人とで直接出向き、秋田の『ある二極(二ヶ所)の水場』をエネルギー統合してまいります。(感情は水の要素です)

そして、この二極の水場と、皆様のいらっしゃる所と、遠隔でつながって頂きます
全ての感情の二極統合(水平統合)を実行していきます。

 

受け光うけひ: 11,000円

 

お申し込み


直接のお振り込みだけで、お申し込み完了とさせて頂きます。個人のお名前でお願い致します。
  お振り込み期間は、 9/25 ~  10/8(必着

(店番706)三井住友銀行 池下支店(普) 0190221 (株)スター・ハート

 

 

 

  ◆遠隔の詳細

 パラダイム・シフトとは、パラダイム・チェンジ(パラダイム・ジャンプ)とも言いますが、その時代や分野において「当然のこと」と考えられていた認識や思想や社会全体の価値観などが、劇的に(革命的に)変化・進化することを言います。

 

 相反するものや、真逆のもの、敵対していたものが「融合・統合」される時、実は、その合計以上の状態に変容してしまいます。これが変化・進化・深化の錬金術です。

 

 私たちは、今まで沢山の「二極化」の現実を体験し、その立場その立場での【自我の感情】を味わってきましたが、その全てを「統合」する時が来ています。

 

ブレずに、全ての感情を受け容れていくことで、二極化を修了することが可能です。

 

 戸隠でメッセージされた「充実感」と「虚しさ」、これも自我の二極化です。
ネガティブ思考とポジティブ思考、優越と劣等、富裕と貧困、加害者と被害者、自我と真の自己・・・・etc

 

 このような陰陽二極の「偏見の全て」を等しく統合することを、各自の【自発的なご意志】でただ決めて頂き、そのための神聖な場を設けさせて頂くことに致しました。

 

 そして、戸隠を含む長野県あたりが、日本国体の第3チャクラ(意志のチャクラ)に相当するなら、秋田県はハートチャクラに相当します。(もちろん秋田だけではないですが)。
秋田は愛気多なのです。


 

地球上にすでにある「純粋な愛のWEB」をもっと活性化し、そこと繋がるためには、私たち各自の内面においての「二極の完全統合」がどうしても必要不可欠です。

 

「完全統合の神儀」に、遠隔でのご参加を希望される方は、心よりお待ちしております。また日にちが近くなりましたら、「当日の心構え」を申しあげます。

 

ご自分で「完全統合」ができると思う方は、特にご参加の必要はございません。いずれにしても、ご自分の素直で純粋な意志を大切になさって下さい。

 

お申し込み後から当日直前まで( 神儀の申し込みをされた段階から、すでにプロセスに入っています)

 そのままを愛で受け容れていくことを「統合」と言います。
当日前から、ボチボチと取り組み始めて下さいますようお願い致します。


 

あなたの意識が、感情エネルギー・思考エネルギーに飲み込まれたり、
それらにおぼれたり、浸りすぎたり、振り回されたり、などといったような状態を繰り返さないためには・・・

 

 1,自分の意識と、感情や思考との間に先ず「スペース」を作る。一体化しない。

 いかなる感情も、エネルギーのバランスを取るために起こります。
 疲れた気分、絶望感、怠惰、不愉快さ、恐怖や不安、そういうものを嫌わないこと。

 

 2,その感情が、「あなたに何を訴えているのか」に気付くこと。

感情の声(訴え)は、あなたが愛でもって向き合い、ちゃんと聞くべき責任があります。
他の誰かに尋ねることではありません。

 

感情が訴える思い込み(プログラム)に気付いてあげて下さい。
あなたが訴えを聞いてあげない場合、何回でも感情があなたをアタックします。

 

訴えに気づいた段階で、実は「統合」されてしまうことも多いです。

 

どんな感情であっても、思考であっても、等しくOKし、気付いて受け容れて下さい。
受け容れ先は、ハートの最奥のゼロポイントです。

 

受け容れる=ゼロに戻す(白紙に戻す)という意味です。
つまり、創造モトに返上したのですから、執着しないことです。

◆タントラ舞踊(大阪)6月6日

このタントラ舞踊は完全に「誘導瞑想」です。
全員が目を閉じて内面につながって踊りますし、恥ずかしく思う必要は全くありません。


完全に個人的な内なる世界に入るための動的瞑想です男性にこそ、ご参加をお待ちしております。

Sfondo con persone che saltano - Background with jumping peopleタントラ舞踊は、「型」を全く持たない舞踊で、根源の底力からオリジナリティを出すため、つまりチャネル状態(エクスタシー状態)になるための動的瞑想です。生きた瞑想ということです。

タントラの精神である万物一体愛を基本とし、むしろ踊りがヘタで苦手な方が身体のゲートを開いていくための内容になっています。

もちろん、舞や踊りが大好きな方には、さらにタントラ精神を深めて頂けると思いますが、外側の神様や他人様に捧げて見せるための舞踊ではなく、完全に個人的で絶対的な内側のものになります。

大宇宙・大自然のリズム、つまり「いのち」と心身一体になり、忘我・無我の境地へと至る瞑想舞踊です。エゴを超えて、大いなる「いのち」の愛に貫かれるエクスタシーを感じて頂くためのものです。

タントラ舞踊は、タントラ・ヨガとは全く似て非なるものです。無理なポーズも、決められた型も、一切の強制がありません。

従って、上手・下手(へた)に関係なく、老若男女に関係なく、体力に関係なく、知識も技法も関係ありません。真のオリジナル(個性)を大切にするからです。

逆に、今までの自分を作り上げてきたクセやパターンから抜け出て自由になるために、古い型を崩すことから始まります。(通常の舞踊は、先に、型を教えられていきます)。ですから、舞踊のプロの方には必要ございません。

タントラ舞踊で大切にすることは、天地と合一して、自然そのものの中におのれを全て溶けこませていくことに他なりません。

それは、あなたの全身のゲートを完全に開き、神の思考(無限DNA情報)を受け取りやすくします。

◆参加費 :2万3千円

◆日 時 :5月17日(日)  13:30〜16:30 【開 場】 13:20

◆講 師 :いのちのメッセンジャーMana

◆東京会場 : NOAH STUDIO 秋葉原スタジオ 5st (5F) → こちらの会場は、あと数名にて締め切り!

詳細&お申し込みはコチラ!http://www.sanrakusha.jp/s/products/detail.php?product_id=133

◆大阪会場 :6月6日(土)

詳細&お申し込みはコチラ! in大阪 http://www.sanrakusha.jp/s/products/detail.php?product_id=133