スターハートブログ

「部屋」とは何か?

| すぴりちゅあるブログ

 

あなたとは何か?そう尋ねられたら、
おそらくあなたは

「言葉」による思考を使い始めるでしょう。
そして、必ず言葉で答えるはずです。

 

私の名前はこれこれです、
私の職業はこれこれです、
私の家系はこれこれです、

趣味はこれこれ、
学歴はこれこれ、
預金はこれこれ、
病気はこれこれ、
現状はこれこれです・・・・。

 

こういったものはみな
過去の出来事か、
あなたに「関すること」でしかなく、
あなたそのものを表してはいません。

 

ですから、真の答えに
なっていません。
それはマインドの論議でしかなく、
やはりエゴなのです。

 

あなたに「関すること」
沢山かき集めてきたことによって、
のあなた(自我)が
立ち上がっているだけです。

 

今この瞬間に、
もしもあなたが
記憶喪失になって、

過去の記憶が
立ち上がらなかったなら、

あなたに「関すること」は消える。
つまり自我は消える。

 

そして、あなたに「関すること」
記憶がなくても、
自我がなくても、

それでも「あなた」は依然として
存在しています。

 

肉体の容貌が変わっても、
「自分は在る」というシンプルな
認識(気付き)だけは
存在します。

もう「私はこれこれです」
言葉では答えられなくなる。

 

あなたの表面にかき集めた
「関すること」が消え、
もっと深く入っていくほどに、
ただ「在る」だけが感じられ、
存在が感じられる。
この存在こそが純粋な意識です。

 

純粋な意識には形態がなく、
無形です。

レッテルの貼りようがなく、
仕方なく「無」とか「虚空」
呼ぶだけです。

 

これが真のあなたなのですが、
過去のあなたは
この純粋な意識だけで
存在することが
不可能だったのです。


 

それは子供の頃から、
自分に「関すること」を集めて、
その集めたものと
同一化しながら、

どんどん自我を肥大させていく
競争ゲームに送り込まれてきたからです。

 

ここで質問です。私が
部屋を見渡して下さい」
と言ったなら、

あなたはどこを
見るでしょうか?


home interior with fireplace and sofas 3d rendering
 

家具や壁や窓を
見たりしませんか?

主に、カタチあるものに
フォーカスしませんか?

 

でも、カタチあるものは
部屋ではないのです。
家具や壁は、
部屋に「所属するもの」

でしかない。
部屋に「関すること」でしかない。


 

もし、家具や壁が
本当に部屋であるなら、
海底に置かれていても
部屋と言わねばならない。


 

純粋に部屋とは何か?
それは無の空間のことです。
これと同じで、あなたという存在
まさに無の空間です。

 

ところが、無の空間であることを
知ってしまうのは、
自我に同一化してきた
あなたにとっては、
本当に怖い。

 

あなたに「関すること」を沢山集めて、
それらに同一化してしまったあなたには、
まるで自分を全て失うようで、
自分が完全に無くなるようで、
つまり自分が
この世から死ぬようで、
本当に怖い。


 

自分の中に無の空間を感じたなら、
あなたは怖くなる。
それで、何でもいいから
限定された者、
限界がある一定の者に
なっていたいと思う。

 

そうではありませんか?
自分を限られた者、
決まった者として感じるほうが
楽で安心だから、
限られた中でのみ、
自我の肥大化に磨きをかける。

 

所詮、限界の中での
悪あがきに過ぎませんが。

 

あなたに「関すること」
便利な道具ではあります。
でも、それは真理ではないし、
本当ではないし、
それは限界であり、
限定なのです。


 

「関すること」を全て手放し、
その奥にある内的な意識
純粋な「在る」という意識、
これだけが
永遠無限に存在するあなたであり、
発展進化を意図するあなたなのです。

 

この純粋な意識の中身、
つまり「質」は何かと言うと、
であり、仏性であり、神性です。

 

ですから、意識のは、そのまま
意識の意図・意志・誓い
もなっているわけです。
つまり、意識の「質」こそ、
あらゆる全ての「創造主」なのです。

 

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら