スターハート事務局からのお知らせ

清濁、あわせ飲む

|

 

昨日の「体験談」に関する「答え」ですが、
繊細で見落としがちなポイントです。

 

自我は、感情を排除抑圧するか、
感情に呑まれて溺れるかの、いずれかです。

 

エゴ(自我)は、
感情を「とがめず、受け入れ、祝い直し」することができません。

 

ですから、
内なる中心の「意識」を使って
「とがめず、受け入れ、祝う」しかありません。

 

騒いでいた若者が、
「もし、彼らが自分の家族だったなら…」と思い直す(考え直す)ことで、「鬱陶しい感情」をそれ以上は感じなくて済みます。

 

ただし、それ以上は
感じないで済んだからといって、


 

感情エネルギーが100%昇華(気化)されたり、
100%浄化されたわけではありません。鎮魂(みたましずめ)になったわけではないのです。

 

せっかく、騒いでいる若者たちという
「スピリチュアルな協力者」を引き寄せたわけですから、

 

ちゃんと自分の内面のブロックを
「溶かす」チャンスとして向き合っていくことが肝要です。

 

そういう若者を引き寄せたのは・・・
彼らが「他家」の子であれ、「自分の家」の子であれ、

 

頭の思考でごまかさずに、
「あるがままの彼ら」を無条件に祝福するためだったのです。

 

彼らこそが、
自分自身の内側に隠してしまった「自分の裏の部分」だからです。

 

そして、自分の内側に湧き上がった「鬱陶しいなあ」という「素直な感情」に対しても、
公平に祝福をするためだったのです。

 

1彼らの状態、
2自分の状態、
この相反する2つの状態を「統合」「合一」するために、彼らに出会ったのです。

 

聖と俗、清と濁、自と他、
これら双方をあわせ飲んでこそ、全一愛です。

 

必ず「自他」ともに「あるがまま」を
無条件に祝って統合して下さい。ブラボー♪という感覚で。

 

せっかく湧いてきた感情ですから、
決しておさえず、でも一体化せず・・・。

 

ほんの少しでも感情を抑圧してしまうと、
やがて溜まって重たくなるし、堅くもなる。

 

プラス思考などを使って「意識の矛先」を感情からずらしたり、
感情をおさえて昇華させないならば、

 

あなたの純粋無垢な命火は輝かないし、
新たに巡ることもない。

 

すると、肉体死に向かって
まっしぐらです。

 

私たちは「意識」=「意志の気」です。
愛と祝福の「意志の気」です。

 

だから、もっともっと
意志の気を使うよう実践しなくてはなりません。

 

個人思考を使うんじゃないんです!
全一なる愛と祝福の意志気を使うのです。

 

虚空の意志を「うけ火」し、
もっともっと積極的に使って下さい。

 

あらゆるネガティブな感情を祝福するために、
私たちは「愛と祝福の意識」を頂いているといっても過言ではありません。

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら
お問合わせはこちら