スターハートブログ

ちゃんと聴く!

| すぴりちゅあるブログ

 

私たちが口を開くたび、
話しをするたび、
言葉を放つたび、あるいは
思考(言葉)がうごめくたび
そこを中心として
自我」が立ち上がりやすいのです。

 

ここは非常に醒めた意識
(澄み切った意識)で
気付いている必要があります。

 

宇宙的には端末でしかないManaに、
澄み切った意識存在としての
覚醒が起こってからは、
たとえ自分の口から
出る言葉であっても、
他人が話しているかのように
ニュートラルに聴いています。

 

つまり、他人ごとのように
ニュートラルに「聴きながら」
話しています。そして
普遍的な真実以外は、

もう口にしません。
それが私の
意宣りです。

 

なぜなら、普遍的なコト以外は
自他への(しゅ)
になりやすいから。


 

特に、講座やセミナー、セッションでは、
少しでもニュートラルから
ズレた表現を使うと、
「上」からは「それじゃないぞ」と
修正が入ります。
実にありがたいことです。

 

しかも最近は、個人的な話し
したいという気が
全くなくなりました。何かの
例題として話すことはあっても、
業務連絡や、社会的な通信しか
必要を感じなくなっています。
ゆえに、日々のほとんどが
聴くことが先になっています。


 

おかげ様で、今ではもう、
私という個を
超えており、
個人的感情を伴って何かを
話すことがなくなりました。
生きている喜びや、
全一愛
だけがサクサクと

動くような感覚です。

 

そして、この全一愛という表現で
間違われやすいことは、
自分「」全一愛になるのだ
勘違いしていらっしゃる方が
多い気がします。

 

自分「が」菩薩になるとか、
自分「が」貢献するとか、
それは全く違うのです。
そんなものは自我の延長。

 

自分「が」行なうのだと
思ってしまうと、

そんな自分にっぱらうか
反発が起こるだけです。

 

あなたはゼロの意識であり、
確定した自分など、

どこにも居ないのですから、
内なる中心から「全一愛」や
「貢献の動き」が恩寵として
起こってくるように、

 

「自分個人」を全て
「脇」か「端」に置く
ようにするのです。


 

あなたが思うような
「自分なるもの」は、
究極の本質存在では
ないからです。

 

講座やセミナーでは、
つい時間を忘れて、
メチャクチャ多くのことを
話しますが、
個人的な自我は
立ち上げていません。


 

個人としてのアピール
する気が全く無くなってきたので、
何かを尋ねられれば、
答えるためにだけ
話す程度です。


 

そのかわり、
普遍的なことを
分かって頂くために
話すことは心地よい喜びです。


 

あとは、知人の方々と、
ワクワクするような娯楽話しや、
ちょっとした気付きや、
ユーモアと感動を分かち合うくらいです。
自己主張のためではなく、
受け容れ合うために、
聴き合う」のです。

 

この孤高の感覚が、
とても澄み切った爽やかさ
として味わえている昨今です。

 

自我(制限プログラム)
を外すには、
「聴くこと」に
重きを置く!


 

自我というものは
やたらと話したがります。

自己アピールしたいからです。
他者の気を引きたいからです。

 

もしくは、内側に
多くの思考(自我の種)を
握っているから、
それを発芽させ、
自我肥大化させたくて
仕方がないのです。

 

自我がある方は、
ニュートラルに
「丸ごと聴く」ことができません。
ニュートラルではなく、
判定したり、分析しながら
聴いています。

 

聴いているフリをしているだけで、
内側は「自分のこと」で
いっぱいなのです。
感情に酔って、
自己主張したいだけ。

 

お悩み相談のほとんどがこれでした。
人の話しを聞きながら、
自分の内側で「分析思考」や
反発」や「感情」を握っているなら、
やはり自我が立っています。

 

ですから、ニュートラルに
丸ごと聴く」ことを
メインになさって下さい。
有無を言わずに、いつも
丸ごと全てを受け容れる(聴く)
ようになさって下さい。

 

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら