スターハートブログ

グラウンディング(その2)

| すぴりちゅあるブログ

 

死とは、カタチになったものを壊して、
光へとミクロ化(昇華・浄化)することだとお伝えしました。

 

そのことに関して、ある方から
以下のようなご報告を頂きました。

 

皆様にとりまして、
さらに参考になればと思います。

……………

2DAYセミナーで
Manaさんに教えていただいた「斎王」について調べていたところ、

 

斎王の忌み詞の中で
「死」のことを「奈保留・なほる」と言っていたことを知り、「お~!」と思いました。

 

古いものを壊す活動は「なほる」のですから、
愛して祝うのですね。

…………

「なほる」は「直る」ことです。
光となって原点に還ることです。

 

「直る」は「治る」という漢字も当てられるようになり、
「病が治る」などの表現になったのです。

 

…………………(では本題へ)…………………………


天(創造主)が思う通りの弥栄発展が、

(あなたを通じて)この地上界に現れるためには、

 

グランウディング」が必要です。
グランウディングとは、「意識」と「カラダ」の完全融合、

 

結魂・コズミックSEX・タントラ・タオ
のことです。

 

でも、グラウンディングした状態を
維持できないのは何故か?

 

自分自身の思考感情に振り回されて、
自分自身の中の「プログラム」から逃げようとするせいです。

 

自分自身でもコントロールできないような
感情思考の繰り返しは、

 

一体どこから湧いてくるのかを
観察者の目】【宇宙の目】でしっかり観ると、

 

いつも何らかの
モノサシ」「プログラム」に従って、

 

否定的なジャッジ(自分や他者を責める)を
していることに気付くはず。



なぜ、そんな「否定のモノサシ」を

握って使っているのだろうか?

 

使わなくてもいい
という

選択の自由
あることを

知っていたでしょうか?

 

何も否定しないし、何も責めないのが
私たちの本質的な意識であり、神魂です。

 

向き合うのが辛くなるほどの
感情を湧き上がらせる「モノサシ」や「プログラム」が、

 

あなたにとって
それほどまでに
大切なのかどうか、


 

今一度、あらためて
確認してみるべきではないでしょうか?

 

そのモノサシ、そのジャッジ
その思考やプログラムこそが、

 

あなたの自由な創造性や、直観や、
真善美愛への感覚や、天真爛漫な喜びを表現することを拒んでいるのです。

 

否定的な感情や、
自分を責めるような思考が浮上する原因は、

 

世間一般から受け継いだ
モノサシ」や「プログラム」なのです。

 

自己否定の思考や感情に
客観的に】向き合う人は、自分のカラダに「グラウンディング」したことになります。

 

そうすると
モノサシに気付けます。

 

気づいたなら
モノサシを使わない自由もあると理解できます。

 

ところが、否定的感情や
自己否定の思考に溺れてしまったり、逆に、目をそむけてしまうと、

 

意識カラダから抜けて
ズレていきます。

 

溺れるか、逃げるか、
(つまり耽溺か拒絶逃避か)

これがグラウンディングできない原因です。

 

グラウンディングできていないと、
あなたの意志がカラダに伝わらないし、

 

天からのギフトも
カラダに着地できません。

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら