スターハートブログ

神界への問いかけは「音」で!

| すぴりちゅあるブログ

 

2018年神域入魂アドバンス講座を修了された皆様

フォローアップ・セミナー(10/19,20)の申し込みフォームを、それぞれ皆様に配送させて頂きました。

もし、届いていない方は、
お名前、携帯番号をmana@manastar.com までお知らせ下さい。
宜しくお願い致します。

 

 

遠隔神儀」にご参加の皆様へ

ご入金済みの方々には、神社名をお知らせしております。
そのメールが未着の方は、お名前、携帯番号をmana@manastar.com までお知らせ下さい。
宜しくお願い致します。

 

…………………..

 

 

コトバには「音意」と「字意」が
あることをお伝えしたいと思います。

 

 

本来のの意味と、
人工的なによる意味があるからです。

 

 

あらゆる言霊は、宇宙創造の「最初の音」である
す音」から誕生していったのですが、

 

 

す音」は万物創造を行うための
基本的な波動です。

 

 

この「す~」は、
有音サシスセソの「ス」ではなく、

 

 

それ以前の無声音ですから、
現代人の耳にはなかなか聞こえません。

 

 

ただし、皮膚感覚で
感じ取ることは出来ます。

 

 

澄み切った、爽やかな、イキイキした、
スッキリした、純粋な、晴れやかな喜びの波動です。

 

 

これが最高の音であり、
祝音です。

 

 

そこには、
疑惑や、不信や、恐れの音は皆無です。

 

 

全ての言霊(神々)も、
この「す音」「す神」に裏打ちされています。

 

 

このイキイキした音(波動)が無いものは、
言霊とは言えません。

 

 

単なる口の開け閉めか、
口の運動でしかありません。

 

 

超古代においては、
こういった美しい音での言霊

 

 

そこら中に
飛びかっていたのです。

 

 

万物が「す音」でつながっており、
鉱物動植物とも、地水風火の精魂とも、コミュニケーションが取れていたのです。

 

 

今の私たちが、創造の神界神々
共鳴し、通じあいたいと思うなら、

 

 

使う言霊が何であれ、
必ず「す音」をベースにして下さい。

 

 

遠隔神儀も
同じことです。

 

 

にすれば同じ「あ~」でも、
「あ~(楽しい・嬉しい)」という音意の言霊なのか、

 

 

「あ~(ガッカリ)」という音意
「まが言」なのか、

 

 

は同じでも
全く別の表現になっています。

 

 

このようにコトバは
字の意で伝えるものと、音の意で伝えるものがありますが、

 

 

音意
嘘を
つけません!

 

 

微細な「す音」は、
薬の何万倍もの成果をあげることができます。

 

 

キリストやブッダが
薬も使わずに病の人々を直せたのは、

 

 

彼らが放つ微細な
「す音」によってであり、

 

 

その「音」を常に
放つことができたのは、

 

 

彼らが「自分個人」という概念、
つまり自我(エゴ)を超えていた神魂だったからです。

 

 

あなたの
乱れていると

現実にも
カラダにも

乱れが出ます。

 

 

必ず現象面に出て
バレていきます!

 

 

「弥栄に誠を尽くします」とか、
「愛しています」とか

 

 

「恐れを手放します」と
口にしたところで、

 

 

あるいは、

 

 

「全ての方々が弥栄で、
神業成就できますように」と、イノリをしたところで、

 

 

イキイキした純粋な「す」の音
裏打ちされた言霊でなければ、

 

 

神界には通じませんし、
森羅万象にも通じません。

 

 

創造主の魂と
「共鳴」できないのですから、後押しがもらえません。

 

 

今こそ私たちは、
す音(素の波動)を

 

 

全身の中へ
取り戻す必要があるのです。

 

 

す音」で満ちあふれている
自然の中に行ったり、思い出したりしながら、

 

 

 

す音」を感じる
練習をして下さい。

 

 

そして一日中、「す音」をベースに
身口意」を動かしてお過ごし下さい。

 

 

イノリの時や、
大事なことを決意する時は、特に意識して下さい。

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら