スターハートブログ

責めることを「選択」しない

| すぴりちゅあるブログ

 

Forgiveワーク(〆切済み)にご参加の方々へ
4つのお知らせ

 

1、昨日のうちに、22日までの準備に関するメールを送らせて頂きました。
(何名かの方には、ダブって送信してしまい、申し訳ございません)

 

2、メール17日の正午になっても届かない場合は、
至急、mana@manastar.comまで「氏名・携帯番号」をお知らせください。

 

銀行お振り込みがまだの方は、必ず
20日(金)14時までにお願い致します。本メール発送が20日(金)のためです。

 

4、ブログの最後に、あらためて
ご理解頂きたいことを書かせて頂きました。ぜひ、ご覧下さい

 

………………………….

 

 

では、本題へ入ります。

 

 

辛さ・苦痛は、本来の宇宙には存在していませんし、
宇宙創造主の子供(コピー)である私たちの本質ではありません。

 

 

まずはそれを思い起こして下さい。
もっと全員で素晴らしく栄えて生きよう!」これが宇宙創造主の神の原点です。

 

 

だとすれば、辛さ・苦しみは
どうやって生まれるのでしょうか?

 

 

それは

 

 

裁いて責める心から
生み出されてきます

 

 

自分をとがめて責める
誰かや何かを責める、そんなから生まれるのです。

 

 

何か起こるたびに
あっという間に(瞬間湯沸かし器のように)、

 

 

「ホントにもう!と、
誰かに対して「責める」になるクセはありませんか?

 

 

(そして、そんな自分を「ゆるせない」ため、罪悪感が湧きます)

 

 

どんなにささいな感覚であれ、
裁いて責めることは、
あらゆる生命力への否定であり、攻撃です。

 

 

生命力がますます発展することを
喜び祝う」こととは真逆です。

 

 

何かを裁いて責める心からは、
攻撃の波動が出て、

 

 

宇宙から授かった自分の生命力
破壊する力へと変質させてしまうのです。

 

 

自己破壊衝動、自己攻撃の力へと変質低下させ、
ガン細胞もつくり出します。

 

 

まさに「死のプログラム」と変わりありません。

 

 

私たちは、時として、
自分の具体的な体験・経験・出来事に対してはもちろんのこと、

 

 

そこから生まれる「ネガティブな感情」に対しても
無意識に責めて罰することがあります。

 

 

そういった無意識に「責めて罰する心」が、
自分自身の生命力をダウンさせ、魂の次元を下げ、

 

 

結果として自分の中に
辛さ・苦しみを生み出します。

 

 

したがって、何らかの外的な出来事が
あなたを苦しくさせているのではなく、

 

 

裁いて責める心
苦しみの
原因なのです

 

 

無意識のまま、気づかないまま、
「何かを責める心」でいっぱいになれば、

 

 

自分や他者だけでなく、
宇宙創造主神々をも責め始めます!

 

 

全てに対して反感を持ち、
許せなくなり、攻撃したくなり、

 

 

その通りの現実を
引き寄せていきます。

 

 

責める、裁く、とがめる、罰する思い自体が、
生命発展に反するネガティブ・エネルギーです。

 

 

たとえそれが「正義」や「倫理道徳」の面から
正当化されたものであっても、あるいは、

 

 

良かれと思って」というような
「ある種の善意」から正当化されたものであっても、

 

 

ネガティブ・エネルギーそのものは、
自分自身を最もひどく破壊してしまいます。

 

 

 

責める心・裁く意識は、
そのエネルギーを発するご本人自身の生命力

 

 

最も収縮させ、破壊するのです。

 

 

厳しいようですが、
生命力そのものが進まないなら(つまり、あなたのが進まないなら)、

 

 

全てにおいて
ますます衰退します。

 

 

生命の動きには、
止まるという状態はありませんから、

 

 

進むか、衰退か、
どちらかの「選択」しかなく、現状維持はありえません。

 

 

進むためには、裁いて責める心を
浄化する必要がありますが、

 

 

「今までの自分」を
全面的にゆるして別離しなくてはなりません。

 

 

自分がさらに進むためには、
避けて通れない「精進」の一つです。

 

 

今までのような裁いて責めるパターンの自分を
心からゆるし、別離し、その誘惑には乗らず、

 

 

そのパターンの自分を
二度と
選択しない
ことです。

 

 

その代わりに、自他を超えて、
あらゆる生命が今ここに躍動していることを喜び、祝い、讃え続けるという「選択」をしましょう。

 

 

祝福し、讃える自分のほうを「選択」する、
この精進
ずっと続けていきましょう。

 

 

Forgive(ゆるす)ワーク
にご参加の皆様へ

 

 

■あなたが特に許せない「人物」を、明確にして下さい。

 

■本来ですと、49日か35日、最短でも21日をかけてワークするのですが、
初めてイノリをする方もおられますので、最低単位である「7日間」にさせて頂きました

 

■本気で心底から行って頂きたいので、今回の遠隔では、
以下のことを、どうぞ封印して下さいますよう宜しくお願い致します。

 

◎ご自分の「言い分」、

◎ご自分の「やり方」を主張するための“ご質問”、

◎「やらないため」の言いわけ、

 

 

■神々のご加護を頂くにあたり、誠実で真っ白な思いで
22日からの7日間を貫いて下さい。

 

 

■「ゆるせない!」と思っているのは
過去の自分】であることを理解して下さい。

 

 

実際、私たちは【過去の自分の目】を通じて、相手を「憎い、ゆるせない」と見ています。
今の憎悪や嫌悪感は、過去のご自身がつくって感じていたものです。

 

 

いかに「過去のあなた」が相手を憎んだか、
いかに「過去のあなた」が相手を許せなかったか、それを教えてくれているのです。

 

 

カルマのパターンによって、今回の人生でも
また出会ってしまった二人ですが、

 

 

お互いが、お互いを、
過去の自分の視点】からしか見ていません。

 

 

まず、それをご理解下さい。
あなた自身が「過去の自分」に支配されています。

 

 

他者よりも、ご自分を憎み罪悪感を覚えている方も、
実は【過去の自分の目】を通じて「その時の自分」を憎んでいるだけです。

 

「ゆるせない」という憎悪が、
過去の自分の“目線”】であることに気づくことです

 

 

「ああ、過去世では、そんなふうに相手を見ていたのか。憎んでいたのか」と、
客観的に気づくことです。

 

 

そして、過去世の自分が
「憎悪ドラマ」を演じたかっただけだ、と気づくことです。

 

 

「自分は正しくて、だから相手を憎んで罰したい」
「自分は間違っていたから、だから自分を憎んで罰したい」

 

 

そんな憎悪ドラマを
ずっと演じたがっている「過去の自分」が居ることに気付いて下さい。

 

 

「過去の自分(視点)」から離れて、
ゆるすためには「正気を保つ」ことです。

 

 

広大な宇宙の視点でいて下さい。

 

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら

サロン案内

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
地下鉄東山線池下駅から徒歩3分
大きい地図で見る

facebook