スターハートブログ

人生は瞑想の連続

| すぴりちゅあるブログ

 

ブログのあとに、遠隔神儀の皆様への
ご報告の写真がございま
す。

 

 

本日もオンライン瞑想会です。
開始15分前には、私も画面上にてスタンバイさせて頂きます。

 

…………………………..

 

私たちは
「内面の動き」の観察者と言えます。

 

 

最近になって流行しているマインドフルネスも、
自分の内面のおしゃべり(=思考)や、感情の波動に「気づいている」ことを目的にしています。

 

 

ご自分の「思考」に
一体どんな感情波動がくっついているのか、

 

 

そのことに鋭敏であること
マインドフルネス状態です。

 

 

 

しかも、そのマインドフルネスの状態を
さらに超えているものが「感謝の瞑想」です。

 

 

内面の動きに
単に気づいているだけの「意識」では、

 

 

その意識がそれ以上に
神化(霊性向上)することはありませんから・・・。

 

 

気づいている者(気づいている意識)、
観じている者(観じている意識)、

 

 

「それこそが自分だ」
ということに覚醒できたなら、

 

 

自らの意識の波動をもっと高め、深めていくような
エネルギーワーク(=瞑想
を実践していきましょう。

 

 

心底から喜び、心底から感謝し、心底から愛し信頼する、
その感覚をますます磨いて精錬することが、

 

 

霊性(神性)の向上であり、
未来永劫に向かって永遠無限に実践する神業成就なのです。

 

 

 

意識的に行う瞑想であれ、
無意識のクセの瞑想であれ、皆様は常に瞑想しています。

 

 

しかも、瞑想というエネルギーワークによって、
自らの人生が創られていくのです。

 

 

ですから、意識的に深く感謝する(=瞑想する)ことによって、
人生を豊かな状態へと変えることができるのです。

 

 

逆に言えば、自我は瞑想が嫌いです。
人生を豊かにしたくないからです。

 

 

せっかく細胞の奥や、内臓や、骨のカゲに隠れているのに、
「真のあなた」によって見つかってしまうから。

 

 

みつかって、あなたのアイに溶かされて、
豊かな光へとよみがえってしまうから・・・。

 

 

自我はまるでゴミのようなものですが、
私たちは何百万年もの過去のゴミを背負ってきています。

 

 

そのゴミと一体化したままですと、
ゴミが主体となって作り出した「つまらないエネルギー」に出会い続けることになります。

 

 

自分の人生で「出会うもの」を変えたいならば、
ゴミは丁寧に掃除していかないとダメなんです。

 

 

そのためにも
感謝(=アイ)の瞑想は必要です。

 

 

自我は、感謝の瞑想を避けるためなら、
色々な言い訳をしたり、

 

 

色々な障害や心配事を
日常に起こしたりして、

 

 

ご本人が波動を高めることを
阻止しようとします。

 

 

つまり、
瞑想する氣が起きない」ように
仕向けるのです。

 

 

私たちは、宇宙創造主の言うことを聞くのか、
自我の言いなりになるのか、

 

 

二者択一しかありません。

 

 

ご自分で覚悟を決めなければ、
何となく「今のままでいいかぁ~」というような気分にさせられ、

 

 

ズルズルと人生の最期まで
自我に引っ張られます。

 

 

個人を超える神存在は、すでに初めから
「感謝の波動」としてあなたの中心に座しています。

 

 

そこに意識を合わせ続けるために、
コンスタントに瞑想を続けるわけです。

 

 

もっと、気楽に
楽しみましょう!

 

 

次回の更新予定は
12月8日(火)です。

 

…………………………………

 

遠隔神儀(千曳の岩戸)にご参加の皆様へ

 

以下は、聖域の写真です。
参拝者は他に誰もいませんでした。

 

↑鳥居です。

 

 

↑参道の入り口ですが、ここでもう、全身がクラクラしてきます。

 

 

↑これが御神体「千曳の岩」です。
少し手前には広場のような「斎場」があり、神事をするのだと分かります。

 

 

↑「菊の紋章」が気になりました。
ここには菊理姫も祀られています。

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら

サロン案内

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
地下鉄東山線池下駅から徒歩3分
大きい地図で見る

facebook