スターハートブログ

覚醒の後のボランティア 

| すぴりちゅあるブログ

 

後半に「正夢」の話しが入ることになり、ものすごく長くなりました。
ますます留意して頂きたい情報ばかり。休みながらどうぞ


 

いまだに個人的な人格「隠れみの」にしている意識の方は、
とっとと隠れみのから出て、「全一のゼロ領域」に入って下さい。

まだまだ沢山の
「気づくべきこと」(知るべきこと)が待っているのです。


 

全一なゼロ意識として覚醒した人であっても
覚醒したからこそ、
もっと小さな「昇華できていない自我」「内なる凍結」を見つけることがあります。

 

そして、それももう無くなったなら、次には、
肉体を持っていない存在たちの「意識」を解放する
「無料ボランティア」が待っています。


 

幽霊だけでなく、
自我の「術」によって封印された「神仏の意識」をも
解放するという真のエネルギー・ボランティアです。

 

根源の全一意識につながり、自他の区別が完全に無くなった意識の「あなた」には、
外なる幽霊も、外なる神々も、大きな意味では
全てが自分の意識だと分かるはず。

………………………………………………………………………………

 

特に何かを聴こうとしなくても、
全一愛の意識になると

意識の大河(底流音の海)の中に、色々な次元の声(ことば)が聞こえてくる時があります。

 

その声が、今も肉体を持っている人の自我の声(個人的な声)の場合、私は放置する。
ほめることもなく、くさすこともなく、
ただ「栄えあれ」と放置する。

 

自我の昇華は、その肉体の持ち主の責任だから・・・。

 


 

今世、物理次元に肉体を頂いている方々に
是非とも気付いて頂きたいのは、

肉体のおかげで「今ここ」「意識」定めやすいということ。

 

そのおかげで、ご自分の肉体の中にある「自我」に気付きやすい。
そして、自らの意識「自我の枠」から解放しやすい。

 

ところが、肉体が無い者(幽霊)の場合、
肉体の中を観ることができないから、自我を観るという意識になりにくい。
自我を観る意志が湧かない。

 

だから、ひたすら「苦しい」という声を発するだけの存在になる。
願望を実らせるための肉体
もう無いし・・・。

 

私たちはラッキーなのです。

 

自分の肉体の中に
感情的な声・苦痛を聴いても、

それを自我の声だと認識できるのだから!!

 

ですから、肉体があるうちに、自我から出て、
中立なゼロ意識(全一愛)になって頂きたいのです。いつも基点はそこです。

 

そうすると、色々な多次元の声が観じられ、聴こえ、
やるべき事が分かってくる。

 

天の声地球の声も聴こえる。山河の声も聴こえる。
人間の呪術によって封印された神々の声、肉体無き幽霊&先祖の声も聴こえる。

 

肉体なき幽霊、この意識は放おっておくわけにいかない。
肉体を持っていないからこそ、
覚醒した意識の者による「昇華への手助け」がいる時がある。


 

私がまだスピリチュアルな理屈をあまり知らない頃、リアルな夢の中で、肉体が無い存在の自我の昇華(自我崩壊)を手助けしたことがあります。
すなわち幽霊が本当に死ぬことを手助けしたのです。

 

幽霊って、肉体が無いだけで、個人的な「自分」は居るから、
「あなたは死んでいる」
霊能者がいくら言ったところで、
お経をどれだけあげたところで、死ねない。
(昇華成仏できない)



 

大きな原因としては、
霊能者やお坊さんでさえ「真の死」が何かを
理解していない人もおられるから、霊魂に伝わらない。

 

ですから、霊能者に任せている場合ではないと思います。

 

私たち自身が
「真の霊能意識=霊的本質」
となって、
自らの体内幽霊自我くらいは何とか昇華させて下さい。


 

そして、真の霊能者になることは簡単で、
自我幽霊に中立な意識を向け、
ちゃんと観てあげること、気持ちをただ分かってあげるだけで充分。


 

以下、私の正夢が少しでも、
皆様の体内の「幽霊自我」昇華の参考になれば幸いです。
関心の無い方はスルーして下さい。


………………………………………………………………………

私はかつて、毎晩7日間続けて、
血みどろの武士や姫君が、
私の目の前を歩くというリアルな夢を見ました。

 

彼らは呆然としたショック状態のまま、
肉体が無いことが信じられないかのように、ただ彷徨って歩いていました。
私のほうが
草葉の陰から祈るような気持ちで、ただただ「観ている」しかできませんでした。



 

ところが、7日目の夢の中では、
あまりにも美しいお姿の殿や姫君に変貌していました。
まばゆい光に包まれて、神々しいほどです。

 

清々しい気分になれた私は、ようやく彼らに声をかけることができました。
勇気を出して
あなた方はどなたですか?」と尋ねると、「波多野家の者です」と言う。
そこで夢から目が醒め、二度とその夢は見ませんでした。

 

どうしても気になって、波多野家を調べましたら、
丹波篠山にある八上城の殿だと分かり、
友人たちと共に実際に現地まで行ってみたのです。

 

その城跡は山頂にありましたが、
まさに7日間の夢で観た通りの景色でした。画像参照。
鳥肌ものでした。今でも信じられくらい。



 

何らかのご縁があったからだと思いますが、
彼らはただ
普通に「意識」を向けてほしかった
のだと思います。


 

中立で純粋な意識を向けるとき、
そこには「天の光」が届き、光の“祝福”が起こって、
少しばかりの時を経てから昇天(完全崩壊)するようです。


 

ただし、感情的なものを向けるならば、幽霊や自我は絶対に成仏できない。
平静ではない感情は「ゼロヘルツ」ではないため、重いからです。


 

これと同じで、
ご自分の体内に浮上する自我(幽霊)の感情的な声も、
ただ中立に観ることが何よりです。このとき、あなたは観音菩薩です。

 

私たちの意識が中立(全一愛)で、深い周波数であるならば、
広範囲の次元に渡って、
全ての苦痛の「声」を昇華成仏(昇天)させてあげられます。


 

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら