スターハートブログ

一親等・二親等・三親等・その他大勢

| すぴりちゅあるブログ

 

家族・親族関係において、
一親等とは、自分から見て血の繋がりが一番濃い人、

 

つまり、自分の血の半分を共有する、
父親・母親・自分の子供などです。

 

二親等はその次、
兄弟姉妹、祖父母、孫がこれに当たります。

 

三親等は更にその次、
兄弟姉妹の子供、叔父叔母、曽祖父母、曾孫が当たります。

 

世間一般では、
お付き合いの濃さや、えこひいきや、情をかける度合いは、

 

この「~親等」に影響されることが
多いのではないでしょうか。

 

血族じゃない人間関係においても
「~親等」がありますよね。

 

大親友、親友、友人、知人、その他・・・
といった具合です。


 

そして人間関係を
無意識に「~親等」と区分することで、

 

愛のバラつきや、親近感のバラつきや、大切に思う心に
ムラが出てきます。

 

ある先生から教えてもらったのですが、
このような愛のバラつき(えこひいき)は、

 

ご自分を中心軸に置いたマップ(分布図)を作ってみると、
よく分かってきます。

 

例えば、~親等の家族とか、
親等の友人といったような愛する人たちや、

 

仕事の上司や、気の合う仲間たち、
そしてペットなどは、


 

自分という中心軸の近くに
位置しているのではないでしょうか?


 

その次に、お気に入りの何か、
好きな家具などが、


 

愛する人たちの少し外側に
位置するのではないでしょうか。


 

そして、関心の薄い色々な
物理的なモノは

だんだんと外側の遠い位置へと置かれることになるでしょう。

 

ここで気づいて頂きたいのですが、
その最も遠いところに置かれた物理的なモノや、

 

関心の薄いその他大勢の人々でさえも、
この宇宙における「大調和の理」から生み出された唯一無二だということです。

 



全一愛
とは

万物一体愛」のことです。

 

ですが、簡単に「万物」とは言うものの、私たちは、
命や意識があるものだけを

 

尊いもの、高尚なもの、神聖なものと
考えてしまいますし、

 

「~親等」の人間関係や、
ペットの動物ばかりに愛情を注ぎがちです。

 

それ以外のものは、
単なる物質、生きていないモノと見なし、つい粗雑に扱ってしまいがちです。

 

例えば、石ころや、紙きれや、床や壁は
単なるモノだからです。

 

全一愛、万物一体愛
これを簡単な表現で言うならば、

 

ふところが深い人
心が広大な人」とも言えます。


 

自分という中心軸から、
最も遠いところにまで「愛の意識を拡大する」ことができる人、

 

一番遠くにあるモノまでを
大切に愛することができる人のことです。

 

全てが大切で、
全てが等しくて、
全てが同じ価値
という「和の意識」(和魂)の持ち主のことです。


 

これこそが、
創造主の意識(神意識)です。

 

私たちは本来、
そういう「大いなる和の意識」の持ち主だったのです。

 

それだけでなく、目には見えない精妙な力気の力にも
意識を調和させることができたり、

 

一体になることができる能力を
(太古の初発の瞬間から)ずっと受け継いでいるのです。

 

本来、私たちの意識身体は、
そのような全一愛・万物一体愛の能力を、

 

ドンドン発揮して
この世に顕すことを意図しているのです。

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら

ヒーリング・ラウンジ
StarHeart(スターハート)
愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
大きい地図で見る

facebook