スターハートブログ

「カラダの変容」のための【自我昇華】

| すぴりちゅあるブログ

 


不思議だと思いませんか?

なぜ、あんなにもブームだった精神世界が

 

最近は失速しているのでしょうか?
なぜ、以前のような活気が感じられないのでしょうか?

 

それは片手落ちな
スピ情報のせいでもあり、

 

意識の覚醒の話ばかりに
終始してきたから、という気がしています。

 

もちろん、自我のカルマ
負けてしまった人も多いかもしれませんが、

 

命の巡り(神々の作用)に関してや、
カラダの変容に関してまでは、

 

話が充分に至っていなかったのでは
ないでしょうか。(著書「メギドの火」を再読して頂きたいです)

 

私たちの最も深い内面に
抑圧された「自我の傷」は、

 

私たちが愛の神意識として「覚醒」しただけでは、
あまり明確には浮上しません。

 

覚醒して至福に浸っている場合、
光(神気)が高次になりすぎてしまい、

 

カラダの中の
抑圧された自我、つまり

 

下々(しもじも)の周波数」を
なかなか見つけることができないのです。

 

覚醒した人の場合、
目覚めた魂として「自分だけ心地よい意識」を存続できるかもしれませんが、

 

それだけで満足しているなら、
カラダに対しては積極的に誠を尽くしているとは言えません。

 

それこそ、天意の愛が無い。
夫(意識)だけがいい気分で、妻(カラダ)に与えた影響をねぎらっていない。

 

ですから、世界中の人々の浄化ヒーリング
全く進んでいないのです。

 

私たちが先陣を切って、
カラダの浄化
本当に進めていくなら、

 

他の全ての方々も
私たちと同じように、


積極的に全体貢献するような
愛の意識カラダなっていくはず。

 

私たちの意識もカラダもワンネスだからです。
そう思いませんか?

 

ですから、
覚醒していない人はもちろんのこと、

 

として神意識として
すでに覚醒しつつある人ほど、

 

カラダの内面の「浄化ヒーリング」を
さらにもっと進めていく必要があります。(集合意識にまで)

 

今のところ、
カラダ周波数のほうは、
魂の周波数には全く追いついていないのです。

 

今後、カラダ
万能を発揮するようになって、

 

常若(不老不死)へと
覚醒変容していくにあたって、

 

カラダの周波数を上げていくことが
求められるのです。

 

その為に、先祖代々の重苦しい自我
各自が愛へと昇華させて溶かす必要があります。

 

まずは各自が
「過去の傷」「自我の傷」に気付くことが先決。

 

覚醒した人の内面にだって、
集合意識レベルでの過去の傷は

 

必ずあります。
(私たちは

ワンネスだから)

 

自我の傷を徹底的に見つけ、
丁寧に気づいてあげるには、

 

特殊な神技
必要となります。

 

西洋の古代叡智においては
ランニング・エナジーなどと呼ばれているワザですが、

 

日本の「神技」とは
全く比較になりません。完全に別物なのです。

 

その神技
今年は色々な機会を設けて、
徹底的にお伝えしていきたいと思っています

 

ただし、技法だけを
知ればいいわけではなく、

 

純粋な本当の愛の存在として
常に覚醒し続けて頂きたいのです。

 

特殊な神技(神業)の力を授かり直して、
ハレバレとした命火全身に巡らせれば巡らせるほど

 

自我の重たい「」や、
感情の傷の抑圧ブロックが明確になります。ちゃんと見つかるのです。

 

命火巡り
ブロックのところで必ず止まるからです。

 

そうやって、
自我ブロックが明確になったなら、

 

一旦あなたの命火の周波数を、
「神界レベルの気」から「仏界レベルの気」にまで落として、

 

自我の言い分を
充分に分かってあげることが必要です。

 

自らの神界の周波数である「」を
慈悲」のレベルにまで落とさないと、自我の言い分にちゃんと「耳を澄ます」ことができないためです。


以上のように、

充分に自我の「言い分」を聞いて理解してあげてから、

 

あなたがその全てに
心から感謝して祝福するとき、

 

ようやく自我
本来の愛へと昇華(成仏)していきます。

 

そこまでしないと、
愛で溶かせない自我の傷があるのです。

 

なにせ、全世界の集合意識レベル
抱えているブロックですから。

 

以上の気づきは、
つい先日の長期講座(ベーシック)にて、

 

皆様のヒーリング実習を通じて、
腑に落ちました。

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら