スターハートブログ

夜空に輝く「命火」

| すぴりちゅあるブログ

 

今日は、ただただ最後まで
お読み頂ければと思います。(頭を使わず・・・)

 

 

※長期講座を受講中のSさんが「真実を知りたくて、受講しました」と言っておられたのですが、
その答えが、まさに今日のブログでお分かり頂けると思います。

 

 

なぜ、私はこんなにも花火が好きなのだろうと、
たまに考えることがあります。

 

 

私だけでなく、花火を嫌いという人は
いないのではないでしょうか?

 


たとえ、今の人生を辛いと感じいても、

生きることをすねている時でも、

 

 

勇気と感動を
もらえる・・・。

 

 

でも、それ以上の理由、もっと深い意味が
ハッキリ分かったのは、29日の朝のことでした。

 

 

実は、ここ数年、
大きな花火大会には行っていなかったので、

 

 

日曜日(28日)に、愛知県の
豊田市おいでん祭り」という花火大会に出かけてきました。

 

 

混雑と渋滞で、深夜の帰宅になる為、
月曜日(29日)のブログはお休みさせて頂いたわけです。

 

 

当日は、暑い中を
30分くらいの時間をかけて、会場まで歩きました。

 

 

大会では、ありがたいことに
長々とした来賓祝辞もなくて、

 

 

花火の打ち上げ
時間どおりに始まりました。

 


その連続し続ける感動

とても文字化できませんが、

 

 

なかでも特に
最後のフィナーレは「圧巻」のひとこと!

 

 

感動を通りこして、
いきなり涙が出ました。絶句です。

 

 

あとから気付いたことですが、
見ている方から「おお~!」とか「わ~♪」と歓声が上がる花火は、

 

 

必ずケチケチしていない花火であり、
大盤振る舞いの「」がこもっているような花火なのです。

 

 

ケチケチしていない、つまり、
お金にも制限をかけていない」ことも含まれています。

 

 

作者がいかに立派な花火を創るか、
ということではなく、

 

 

ひたすら、みんなの喜びを引き出したくて、
本気で魂をこめて創ったであろう花火が、やっぱり人の心を打つのです。

 

 

まさに命をかけた「命火」が、
本物の花火となって「ビッグバン」するのです。

 

 

圧巻だったフィナーレの花火は、
これでもかというほどバンバン放たれ続けていくうちに、

 

 

平面的な画像ではなくなっていき、
完全に3D花火になっていました。

 

 

涙が出た瞬間というのは、
花火を構成している光のツブツブが最も細かくなった時で

 

 

その細かさの上に、
さらなる細かいツブツブが重ね合わさって、

 

 

花火たちが
今、最高に生きているぞ~!!」と

 

 

全身全霊で「雄たけび」を上げているのを
感じた瞬間だったからです。

 

 

まさに花火の生命力
MAX全開だったのです!

 

 

外なる花火と、私の内なる命火が
シンクロし、共鳴し続けて、言葉にならない震えを感じました。

 

 

生きてる!
生きてる!
今ここに生きてる~!!

 

この宇宙の中には、
生きている」ということ以外、

 

 

その天命(天意)以外、
本当は「何も存在しない」ことをあらためて実感しました。

 

 

生のみが、
命の躍進のみが、
ますますの
弥栄
のみが、

普遍的な真実です。

 

 

虚空であれ、この世であれ、
神界であれ、物理世界であれ、

 

 

全ての領域は
生きる世界であって、

 

 

生のみを追及する世界であって、
それ以外は嘘だと分かってきます。

 

 

天意は
生のみ」です。

 

 

ある方からのメールで
思い出させて頂いたことですが、

 

 

私たちの体内空間には、
1㎤あたり「30億個」の

 

 

光のツブツブが
躍動しているのです。

 

 

圧巻の花火は、
まさに私たちの命のツブツブが、

 

 

人間自我のいかなる「貧しい思念」によっても
決してとどめることができない命火の

 

 

躍進そのものの様子だった
ということです。

 

 

アッパレ!!

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら