スターハートブログ

陽の柱・陰の柱

| すぴりちゅあるブログ

 

本日のブログは、前代未聞、8時間半かけて書きました!
超長いものを、ブログ2日分の長さにとどめるために、時間がかかりました。

 

 

これ以上はカットできないところまで絞りこみましたが
それでも長いです。(二日くらいかけて、お読み下さい)

 

 

※明日のブログは
お休みを頂きます。

 

 

弥栄創造の原理(陰陽合一)としては、
究極の根本だけが分かればいいのです。

 

 

もし、この究極の根本が理解できなければ、
スピリチュアルの一体何に取り組んでいいのかが分かりませんし、枝葉ばかりを追うハメになります。

 

 

前回、宇宙の創造の原理が
十理(とり)であることをお話しさせて頂きました。

 

 

もう一度、十の理を
シンプルにまとめさせて頂きます。

 

……………………

 

大いなるひとつ(虚空)がビッグバンを起こして、
天と地の二つ(陰陽)が創造されました。

 

 

(1)天と地は、全創造の父と母です。
天と地が永遠の愛で向き合ったところが「光の柱」となり、

 

 

そこで【陰陽合一(むすび)】が成されると、
「光の子」が誕生します。これが私たちの「魂」です。

 

 

そして、たった今も今後も、私たちは
天と地の両方(父母)から愛され続け、育まれ続けていくのです。

 

 

(一)私たちの魂からは
カラダが創られ、

魂とカラダとの【陰陽合一(むすび)】によって、

 

 

弥栄な時「時空間」が
生み出されていきます。

 

 

以上の()と()とで、
」の理です。

 

………………….

 

ハッキリ申しまして、
人の頭は機能不全になっています。

 

 

学習能力と言えば
聞こえがいいのですが、

 

 

頭は限界と制限を入力され、
いつもザワザワと思考や雑念が騒ぎ、愛の脳ではなくなっています。

 

 

涅槃寂静という
仏教用語がありますが、

 

 

まさに頭の空間を
涅槃寂静にすると、脳にも健全な働きが戻ってきます。

 

 

実は、頭は、
何かを創造するような機能を持っていません。

 

 

頭の中の思考は
「豊穣の時空間」を創造することができないのです。

 

 

頭それ自身は「ラジオの箱」と同じで、
創造性など全く無いため、

 

 

直観やアイデアが
湧くことはありません。

 

 

魂だけが創造パワー(愛の神通力)を
持っています。

 

 

つまり、
とは

意志であり
意欲のことです。

 

 

あなたの意欲
明確な方向性を持った意志が発動されていないなら、

 

 

が無いのと同じです。

 

 

あなたのだけが
弥栄発展の時空間を創造できるのです。

 

 

ただし、あなたが、
弥栄発展のイノリ(弥栄への意欲)を止めてしまえば、

 

 

あなたのは機能しなくなり、死んだような
寝ぼけたような意識になってしまいます。

 

 

そして、直観やアイデアも湧かなくなり、
神としての奇跡的な働きは出来なくなります。

 

 

イノリ」とは
天の意志(神魂の意欲)を起動することです。

 

 

宇宙大生命の躍動を
全開にすることです。

 

 

是非そうするぞ!」「本当にそうしたい!
という意欲を出すために、弥栄発展のイノリがあるのです。

 

 

したがって、「そうなるといいなあ」とか
「そうなれば理想的だなあ」というような軽い想念はイノリではありません。

 

 

そして、あなたの内側から
本気のイノリが湧いてこないのは、

 

 

そして、スピリチュアルなことにコミットすることや、
日常での実践に意欲が湧かないのは、

 

 

宇宙大生命の
スムーズに「循環」できていないからです。

 

 

たったそれだけなのです。

 

 

つまり、天と地を結んで(つないで)いないから
光の柱」が
確立できていないのです。

 

 

その原因ですが、あなたが
天にも地にも「意識の根を張っていない」からです。

 

 

あらゆる発展繫栄は、
あなたの意欲(イノリ)から始まります。

 

 

この意欲が「頭の思考」によって
ストップしないならば、

 

 

あなたは色々なモノゴトの成就を
「積み重ねる」ことが出来ていき、繁栄を創造し続けます。

 

 

そのためにも、光の循環、光の巡り
滞ってはならないのです。

 

 

天にも地にもしっかりと根を張り
光の通路である「柱」を意識し続けて下さい。

 

 

もともとは、天と地がつながり、
光の柱」が出来て、

 

 

宇宙大生命の光が
天地の間を行き来できるようになっていたのです。

 

 

創造の光が循環するための
ルートが確立されていたのです。

 

 

その循環ルートである「光の柱」を
失ってしまったり、途中で途切れさせるなら、

 

 

発展繫栄を
創造し続けることが出来なくなります。

 

 

ところで、「光の柱」に関してですが、
今まで誰もが気付かなかった秘密が「上」から公開されました。

 

 

これは、文章に書くとすれば、
非常に難解に思えます。

 

 

でも、ほんの一部、許可が出ていないものを除き、
全てを書きます。十理の奥伝です。

 

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

 

~ここから後半です~

 

 

ビッグバン以降、
真っ最初にできた「光の柱」は、

 

 

陰陽合一したワンネスの状態でした。

 

 

ちょうど「一本」の丸太のような大木が、
天から地へと突き刺さったような感じです。

 

 

でも、「光の柱」の中に「」が創られて、
その魂の光から「カラダ」が創られる段階になると、

 

 

は魂、カラダはカラダ
というように、

 

 

明確な「区別」が
起こってきました。

 

 

単に波動が異なるために、
見える・見えないというだけの「区別」なら良かったのですが、

 

 

やがて、魂とカラダは
完全に「別々」として認識され、

 

 

別々のものという認識のせいで
優劣」のジャッジが生まれます。

 

 

そのジャッジや分析によって、
愛の合一(むすび)が壊れて、完全に「分断」されてしまいました。

 

 

つまり、二つの柱が
一本の大木のように「合一」して立っていたのですが、

 

 

真っ二つに「縦割り」されて、
細い二本の樹になったような状態です。

 


大木が上から下まで完全に裂かれて

かろうじて二本で立っているような状態です。

 

 

魂は「の柱」として
単独で立つようになり、

 

 

カラダは「カラダの柱」として
立つしかなくなったのです。

 

 

陽(魂の柱)と陰(カラダの柱)とに
完全に分断されました。

 

 

これはイザナギイザナミの夫婦離婚として
古書にも描かれています。

 

 

カラダと離婚したあとのは、
自分と同じ陽の質である「」を優位とし、

 

 

陰の質である「」を
劣位とジャッジしました。

 

 

は、天(父)のほうへは
永遠に根を張ろうとしますが、

 

 

大地(母)には
愛の根を降ろすことを嫌がるようになりました。

 

 

は「地」に対しての愛を失い、
地に深く根を張れず、

 

 

そのために、大地からせりあがってくる生命力(積み重ねる力)を
充分には受け取れなくなったのです。

 

 

どんなに大地(母)が
(あなた)を愛していても、

 

 

どんなに意欲を湧き上がらせて、
ギフトしようとしても、

 

 

あなた)は、
ほとんど受け取れなくなりました。

 

 

さらに、あなたという「」は、
優位のパワーを感じるために、

 

 

カラダ」(妻)のことを
低俗なものとして見るようになり、ますます荒ぶる魂になっていったのです。

 

 

しかも、(夫)の横暴は
それだけではありませんでした。

 

 

「カラダ」に向かって
こう命じたのです。

 

 

「天(父)につながるのは
自分(魂の柱)だけだ。

 

 

カラダの柱が
天(父)につながることは許さない。

 

 

劣等な大地(母)とだけつながって、
最終的には大地のチリとなって消えればよい」と・・・。

 

 

荒ぶる魂はそう言って、
天まで伸びていた「カラダの柱」を

 

 

横割りでエネルギー切断し、
天との接続を完全に断ち切ってしまったのです。

 

 

縦割りで分断されて
細くなったカラダの柱、そこへもってきて

 

 

横割りでも二つに切断されて、
その上部は消失したのです。

 

ですので、あなたにとって
カラダの柱」の地上部分は、

 

 

顎(あご)の付近までの
短さ」しかありません。

 

 

天と完全に分断されて
短くなった「カラダの柱」は、短い命になってしまいました。

 

 

それは何を意味するかといえば、
カラダ(妻)が持っている「前人未踏の才能や能力」が

 

 

芽を出し、花を咲かせることが
出来なくなったということです。(コノハナサクヤヒメ)

 

 

今こそ、荒ぶる魂が
「神魂」としての自覚を取り戻して、

 

 

(「天」にだけ永遠に根を張るのではなく)

 

 

「地」にも
永遠に根を降ろすことが必要です。

 

 

そうすると、にとっての
天地合一が起こって、本来の「神魂の柱が完成します。イザナギです。

 

 

さらに、「カラダの柱」の
横割りの切断面

 

 

「天」にまで伸ばして
接続してあげることで、→
(ただし、ここはエネルギー・ワークの伝授が必要)

 

 

ラダの柱にとっての
天地合一が起こり、本来の「ご神体の柱」に戻ります。イザナミです。

 

 

カラダにも
永遠無限の命の巡りが戻ってきます。(常若)

 

 

最終的には、あなたは「神魂の柱」として、
ご神体の柱」と契り直しをすべきです。

 

 

「永遠無限に、未来永劫に向かって、共に栄えよう」
という【結魂の契り】です。

 

 

「光の柱」を立てるだけでなく、
「カラダの柱」を立てるため、「修復ワーク」が必要になってきました。

 

 

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら