スターハートブログ

伊弉諾 (いざなぎ) 神宮

| すぴりちゅあるブログ

CIMG5499

10日の深夜に三宮のホテルに入り、11日の朝は先ずオノコロ神社へ。 東京方面からの友人と合流してバスで1時間少々揺られていきました。 高速道路の小さなバス停に降り立ち、徒歩10分ほどでオノコロ神社に到着します。 とくに強く何かを感じたわけでもなかったのですが、「ご神木」と表記された所に立って拝もうとしたら、「まだまだ頭を使っているぞ。さらに頭を捨てなさい」という言葉が来ました。

その後、一旦、三宮へ戻って昼食を取り、今度は私だけでイザナギ神宮へ向かうことになりましたが、今度もまたバスで別のルートを走って1時間ほどかかるのです。 午後からは非常にお天気がよくなり、イザナギ神宮へ着く頃には快晴になってきました。

予想していたより境内が広く、沢山の神さまやご神木などが祀られていました。 本殿の前では、【真っ白に、真っ白に、ただ真っ白に】と言われました。 やはり頭を捨てろということのようです。

次に、すごく気持ちを魅かれたのが、「左右 (さう) 神社」 と書かれた小さなお社でした。上の画像です。 イザナギの右目と左目から出現された貴神をまつる・・・という説明がありましたが、これはアマテラスとツクヨミのことなんでしょうね。

こころ静かに手を合わせたら、【右と左で、片寄らず見よ!さすれば目から鼻に抜ける】という言葉がシッカリと来ました。 【目から鼻にぬけるような人】という表現は、ものごとを真に理解する聡明な人というような意味だろうと思いますが、さきほど調べてみたら、【1を聞いて10を知る】という説明もアリという気がしました。

本当に映像で見せてもらえましたが、右目と左目が片寄らずに同じバランスだと、その両目から真中の鼻に向かって【気】のようなものがス~ッと流れ落ちていくのです。 「ああ、まさに目から鼻に抜ける」です。 鼻はスサノオ (実行・行動の神) を表現しているので、鼻に抜けたものは実行・実践しなくてはなりません。

うまく文章にできませんが、【片寄らない真の叡智を実行することが本当の賢さだ】と言われたような気がしてなりませんでした。 そして、おみくじは、「全員のために!」という思いでひきました。

【2番大吉】 ・・・潜み(ひそみ)居し ふちの龍らも時を得て 雲井に登る 『かげ』 のめでたさ

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら

サロン案内

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
地下鉄東山線池下駅から徒歩3分
大きい地図で見る

facebook