スターハートブログ

沈まぬ太陽(アマテラス意識)

| すぴりちゅあるブログ

 

※すでに特別セミナー「アマテラス神との氣結び」修了された皆様には
今回のブログは必見です。

 

…………………….


自己破壊の衝動、
それは私たちの弥栄発展を妨げる「死への衝動」です。

 

 

もう、どうでもいいや」という投げやりな心、
どうせ無理だし・・・」「平凡でいい」いうようなアキラメの心になってしまうのは、

 

 

私たちの意識の最も根底のところに
いずれ死ぬんだから」という観念があるためです。

 

 

「ほんのしばらくの間、この肉体と共に地上にいるだけで、あとは子孫や後輩たちに託していく」
という考え方、

 

 

そんな思考パターンが固定化されて
物質化したものが「
自己破壊DNA」です。

 

 

このような自己破壊DNAを作ったことで、
ずっと無限に「よみがえり続ける」はずの生命存在(私たち)を、

 

 

いずれは死なねばならない」という
有限の存在に変質低下させてしまったのです。

 

 

これは創造主から「永遠の発展生命」を授かったことへの
不義理であり、反逆であり、大いなるツミと言えるでしょう。

 

 

あまり大きな声では言えませんが
いずれ死ぬ(=自己破壊DNA)という意志をご本人が活発化させている以上、

 

 

カラダの免疫力が落ちるのは当然のことで、
コロナとも共存共栄できないのは当たり前です。

 

 

学者や医者の理屈・学問だけでは
もう立ち行かないところまで来ているので、

 

 

普遍的な真のスピリチュアルが
各自で心底から腑に落ちていないなら、

 

 

これからの時代は
生きることも経済も

 

 

その循環が
困難になると思います。

 

 

高次の魂の神氣(=真の生命力)だけを
活性化していくことが究極の課題です。

 

 

オンライン瞑想会も
そのためです。

 

 

超古代、受肉した神々(=ミコト)であった私たちが、
地上で最初に作った傷(原初の傷)は、

 

 

私たち自身が【無限である創造主】に
反旗をひるがえすような想念(アイではない想念)を持ったことによって作られました。

 

 

詳細は長くなるので省きますが、
こんな自己破壊衝動のDNAをかかえているのであれば、

 

 

底抜けの明るさ」=アマテラス意識には
なりようがないのです。

 

 

特に神武天皇以降は、
天皇までもが無限に伸び栄える存在ではないと決めつけたのですから、

 

 

平民は
なおさらだったことでしょう。

 

 

今日は、皆様の意識に
深く切り込ませて頂きたいのですが、

 

 

「ご自分の死」に対して
今、どんな意識を持っていらっしゃるでしょうか?

 

 

この問いかけから逃げずに、
内面を真摯に誠実に深く探って下さい。

 

 

一般社会の人々は、大きく分けて
以下の三つになると思います。

 

 

(1)常識にしたがって生きておられるから、いずれ意識は永眠し、カラダは死滅するものだということに何の疑問も持たない。
それが自然だと感じている。

 

そして、すぐに死が起こるわけではないと思うから、
それまでは、あまり気にしないようにしている。

 

 

(2)意識もカラダも無限の弥栄発展をする、
そのことに対して「頭では」納得しているが、今ひとつ腑に落ちない。

 

 

(3)意識もカラダも無限に存在することのほうが、自然だと感じられるし、充分に腑に落ちているけれど、
今までの親しい人がドンドン死んでしまうなら、自分だけ生き残っていても非常に淋しいし、堪えられない氣がする。

 

だから、いずれは死の誘惑に負けて
「後追い死」をしてしまうかもしれない。

 

 

いかがでしょうか?
1,2,3のいずれもアマテラス意識ではなく、ゾンビに近い状態です。

 

 

あらためて私も
丁寧に内側を探ってみましたが、

 

 

ミエを張らない正直な思いとして、
(3)の感覚が少々ありました。

 

 

たとえそれが自我の思いだとしても、
素直な思いとして認識できました。

 

 

私は、誰かを見送ることも、見送られることも
昔から大の苦手でしたが、

 

 

永遠の別れに関しては
なおさらでした。

 

 

でも、死への誘惑のプログラムを発見できたのも、
皆で共に、無限に弥栄発展する」と決めたからこそです。

 

 

そこで、

 

 

後追い死をしたくなるような淋しさ、この淋しさは一体どうすればいいの?」と、
真摯に上に問いかけました。

 

 

すると、
静かに答えが来ました、

 

 

誰かがいなくなって淋しいと思うこと、
何かを失って淋しいと思うこと、

 

 

それは、いかに自分が
その対象に依存していたかという証拠だ。

 

 

つまり、自分が
エネルギーバンパイアだったのだ。

 

 

自分の内面の貧しさ(アイの枯渇)を
自分で満たそうとせず、

 

 

他の誰かの生命エネルギーによって
埋めてもらおうとしていたのだ。

 

 

バンパイアをやめて
自分で内面を満たすことだ。

 

 

最初に創造の源からすでに授かっている
「真の感謝」を常に感じているならば、

 

 

自己の内面は
充分に満たすことができる。豊かなアイの感覚になる。

 

 

常に常に「あらゆる全て」に感謝し、
無条件に愛していたなら、

 

 

もし誰かが「自分のもとから」去ったとしても、
後追い死するほどの淋しいという感覚にはならないのだ。

 

 

去ったことにさえ、
深く感謝を放つことができるからだ。

 

 

と・・・。

 

 

底抜けの明るさ、
それがアマテラス意識です。

 

 

決して沈むことのない
太陽の意識です。

 

 

この世的に嚙み砕いて言うならば、
決して落ち込むことがない、絶対に沈み込むことがない、そんなハレバレとしたアイの意識のことです。

 

 

アマテラス意識であるためには、
「死」をどう認識しているのか、深く丁寧に「今ここで」探ってみて下さい。

 

 

死への恐怖を
綺麗に浄化(昇華)なさって下さい。

 


次回の更新予定は

12月15日(火)です。

 

………………………….

 

豊穣のひな型づくり講座(4ケ月)
2/6,7
3/6,7
4/3,4
5/8,9

 

新・長期講座(豊穣のひな型+神性の深化向上)7ケ月
2/20,21
3/20,21
4/17,18
5/22,23
(6月は休憩)
7/17,18
8/21,22
9/18,19

 

 

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら

サロン案内

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
地下鉄東山線池下駅から徒歩3分
大きい地図で見る

facebook