スターハートブログ

「好み」が「無価値感」を作る

| すぴりちゅあるブログ

 

今日は盲点中の盲点
お話しさせて頂きます。

 

 

好み(好き・嫌い)を握っていることが
自分の中に無価値感(罪悪感)を生み出していくというお話です。

 

 

そして、それによって
発展進化の限界を突破できなくなるというお話です。

 

 

分かりやすく説明するために
長文になりました。

 

……………………………

 

私たちは自分の中に
いかなるエネルギー」でも作り出すことができます。

 

 

そして、それは、
天から授かった「アイの命力」を使って作り出しているのです。

 

 

ここで、意外な真実
申し上げたいと思います。

 

 

実は、個人的な「美学」や、個人的な「好み」などは
エゴが勝手に作った正義(ジャッジメント)でしかありません。

 

 

好み(=YES)
好みではない(=NO)

 

 

 

好みとは「個人的な正義」ですから、
自己主張」の域を超えません。

 

 

つまり、「好み」というものが
まさか天地とケンカする原因(不調和の原因)になっているなんて、なかなか気づかないものです。

 

 

(天地は
好みを持っていませんから)

 

 

私たちの好み自体が、全てへの限界枠になり、
それ以上にはアイを広げられないのです。

 

 

好みが自分の人生の発展繫栄を
せき止めているであることに気付きましょう。

 

 

この家が好み、この車が好み、この日常が好み、
この仕事が好み、そういう好みだけに囲まれていると、さらなる拡大はできなくなります。

 

 

好みにこだわることが悪いということではありませんが、
確実に天地との呼吸(発展のリズムスピード)が合わなくなるのです。

 

 

私たちは、本来のアマテラス神の「視点」を取り戻し、
あらゆる全てにアイを広げつつ、

 

 

全ての個性を地上界で活かしてあげるために
祝福のイノリをするのが本来の姿勢だったはずです。

 

 

好みと聞くと、私たちは一見よさそうなものに感じて
好みの理由を「大事に保有」しますが、無条件アイではないので

 

 

そこにはイノリも起こらず、
好み以外のものに対しては「無意識に」ケンカする状態になります。

 

 

何らかのジャンル(車・洋服・家具・場所・食べ物・人物など)に対して
「自分の好み」を主張するほど、

 

 

そのジャンルに対して
実は、ディスっていることになります。

 

 

個人的な「好み」にこだわるのは、自分からすれば
一見すてきなことのように錯覚して執着しますが、

 

 

実はの意志とは
「逆」をやっているわけです。

 

 

好みは
宇宙からすれば


ノイズ(雑音)
なので!!

 

 

そして、忘れないで下さい。
どんなモノにも魂があることを!!

 

 

たとえ個人的に好みでないものにも
ちゃんと意識がありますから、

 

 

好み(正義のジャッジ)を介入させずに、
心から全面的にアイを広げて、
全て、ますます栄えてね」とイノリをするのが「魂のスジ道」です。

 

 

そのアイのイノリのあとに、
神のオススメを直観で受け取り、新しいソレを体験する・・・。

 

 

なんて
楽しい!!!

 

 

選択のポイントは、

 

 

「好み」からか?
「天意」からか?

 

 

あなたはどちら?

 

 

何らかのジャンルに対して、
好みだけを主張していくと

 

 

そのジャンルからの
恩恵やギフトは巡ってこなくなるのです。

 

 

それだけでなく
さらに困ったことが
起きます。

 

 

好み
持ち続けると

 

自分の中に
無価値感
生じるのです!

 

 

え!?
どういう意味??

 

 

「何か」に対する好き・嫌いにこだわるとき、
それは同時に「自分自身」に対しても好き・嫌いを放つことになるから、

 

 

つまり、無条件アイではなくなるから、
結果、自分への無価値感罪悪感が生まれます。

 

 

好みとは一体何なのか、
これで充分に分かって頂けたのではないでしょうか?

 

 

好き嫌い二極をやり続けていけば、
全てに対して無条件アイではなくなる。

 

 

こうやって
罪悪感」や
無価値感」が
生まれるのです。

 

 

好みのジャンルは
各自それぞれでしょうが、

 

 

全てのジャンルに対して「個人的な好み」を超え、
全てを愛おしく思い、ますます発展するイノリをし続けるとき、

 

 

自分への
無価値感、

罪悪感が消えます。

 

 

そして、堂々と我、絶大な存在なり!」と宣言でき、
無条件に自信が持てるようになります。

 

 

無価値感・罪悪感の原因、
これで分かって頂けたでしょうか?

 

 

好み(個人的な正義)に執着し続けることは、
「破壊的エネルギー」「攻撃性」を放つことにもなり、

 

 

それは無意識に
自分をも攻撃するエネルギーになっているのです。

 

 

つまり、自分のカラダにとっても
キツイ波動になっているということ!!

 

 

宇宙や神々の視点には
全一のアイしかありません。

 

 

正義の視点や
好き嫌いという
認識がないのです!!

 

 

ですから、ご自分の内面に作りあげてきた
「好み」「こだわり」の理由癒すことによって、

 

 

「罪悪感」「無価値感」癒し
「カラダ」
癒すことになります。

 

 

ですが、それらを癒すことなく、
内側にず~っと「保持」していく場合、

 

 

自分のカラダに対してだけでなく、
全世界に対してどんな影響を及ぼすと思いますか?

 

 

好み(正義)のエネルギーや
罪悪感無価値感のエネルギーが「だだ漏れ」になっていき、

 

 

周囲の全てを
ご自分のエネルギーで汚染していく・・・。

 

 

まだ他にも「無条件アイ」ではないものを
周囲に放っていませんか?

 

 

同情心や、可哀想の思い、
相手を下にみる心、辛いと感じる心、

 

 

面倒だ、かったるい」と思う心、
ツマラナイという思い、

 

 

そんなエネルギーを(無意識に)創って、
そこらじゅうに広げているかもしれません。

 

 

自分のカラダにとっても
非常にキツイ
ことだから早く癒しましょう。

 

 

そして、二度とそういった不自然なエネルギーを作らず、
本来の無条件アイ(敬い・感謝・歓喜・祝福)を内側に創って実感しながら、

 

 

毛髪の先まで、つま先まで、
しっかり広げて下さい。

 

 

広げるところまでやって初めて、癒しの完了です。
そこでようやく私たちは、歓喜を味わえるのです。

 

 

以上が「持病」をなおす秘訣でもあり、
不健康をなおす秘訣でもあり、富裕者になるための秘密なのです。

 

 

幸せな感覚を
ハートのあたりだけで感じている人は、

 

 

自分だけが幸せに「酔いしれている」状態なので
全体へと広げていません。全体貢献していないのです。

 

 

(あと少し
続きます)

 

 

なので、幸せな感覚、敬いと感謝の感覚を
自分の全身に広げて下さい。

 

 

それだけで終わらず、さらに
上丹田と下丹田の光の玉を「的を得た方法」で高速回転させるとき、

 

 

私たちは
「アメノウズメ」となるのです。

 

 

すると、命力五行の巡り
ダイナミックに起こせるような神魂に戻れます。

 

 

モトモトは
そんな私たちでした。

 

 

神界で生み出され、
この世に天孫降臨した「あまつかみ」とは「私たち」です!!

 

 

そのために、地上界で構築された
偽の真理(偽の美徳・正義)にも気づいて下さい。

 

 

その一つに
へりくだる」があります。

 

 

意味を調べると、
「自分を低めることにより、相手を高めること」とあります。

 

 

でも、自分を低めたなら、低めるエネルギーしか出ておらず、
相手を高めることなど出来るはずがないのに・・・。

 

 

自分を(無条件に)素晴らしい魂の存在だと認識し、
同じように相手も素晴らしい存在だと認識し、

 

 

その認識によって
「自分の魂の意識」がますます高まります。

 

 

その高まった魂のエネルギーを
「的を得た方法」で高速回転させればカラダを通じて周囲に広がります。

 

 

そうやって、私たちは
神のワザを成したことになります。「神業成就」です。

 

 

「的を得た方法」に関しましては
文字化できないため、

 

 

長期講座以外では
神の歩行のセミナーや、
【7/30癒しの真髄オンラインセミナーでも触れていく予定です。

 

 

どうぞ
お楽しみに!!

 

 

次回の更新予定は
7月26日(火)です。

 

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
TEL : 052-761-4344
facebook : スターハートのfacebookはこちら

サロン案内

ヒーリング・ラウンジStarHeart(スターハート)
〒464-0067 愛知県名古屋市千種区池下1-10-8
地下鉄東山線池下駅から徒歩3分
大きい地図で見る

facebook